オトナも注目のおもちゃをエンタメウス的に紹介!『東京おもちゃショー2014』

国内

 

NARIZONARIZO

オトナも注目のおもちゃをエンタメウス的に紹介!『東京おもちゃショー2014』

国内最大規模のおもちゃの見本市『東京おもちゃショー2014』が今年もお台場の東京ビッグサイトで開催された。

今回は、会場の中からエンタメウスが厳選したオトナも注目のおもちゃのトレンドを紹介しよう。

 

おもちゃのハイテク化は、ここまできた!!

先ず紹介したいのは、セガトイズさんの『夢ねこセレブ』。正直なところ、何を言いたいのかさっぱり判らないネーミングだが、まずは見ていただきたい。

実はこの商品、ペットを飼いたくても飼えない人向けに開発された超リアルなロボット猫なのである。

 

002

もう、写真だけではこれが作り物だとは思えないレベル。

口が開いたり瞬きしたりはもちろんの事、頭や、ほっぺた、お腹や背中など、随所にセンサーが仕込まれていて、触られているのを感知するとゴロゴロ鳴くなど、まるで生きているかのように反応。しっぽをつかむと不機嫌になったりと、芸が細かい。

 

003

オランダから日本に上陸予定の『ホックル』は、なんと電子レンジや冷蔵庫に入れて、遊べるぬいぐるみ。暑い夏場には、冷蔵庫で冷やして子供と遊ばせておくことができる。冬なら電子レンジで暖めることで、ぬくぬく感を味わえるらしい。

電子レンジにぬいぐるみを入れるとか、なかなかショッキングな遊び方だが、もはや、固定概念で2014年のおもちゃを語ることはできないようだ。

 

イノベーションはラジコンの世界にも! 

004

NARIZOが子供のころはラジコンヘリと言えば、金持ちの家の子のおもちゃだったが、いまや、お座敷化が進んでいるという。童友社さんのマルチコプター『スパイダー』のシリーズは、なんと、てのひらに乗っちゃうサイズ。

最小の『NANO Spider』だと、これよりもさらに二周りは小さい。まさにお座敷で飛ばすためのヘリだ。

 

実際に飛ばしているところ。ここまで小さいと、ヘリというより、まるで虫のようだ!!

 

2014年は変形が熱い!

あの『トランスフォーマー』の新作映画が公開予定ということもあってか、再び盛り上がる変形メカなおもちゃたち。

その中にあって、特に注目を浴びていた変形メカ2つを紹介しよう。先ずは、発表されるやネットでも大きな話題となったバンダイさんの『超合金 太陽の塔のロボ』

 

008

岡本太郎氏のあの「太陽の塔」がロボットに変形したら…という妄想を形にした、イマジネーション溢れる商品だ。

変身の最終形態である「超兵器発動形態」では、非常にクレイジーなカタチに変形し、全く強そうに見えないあたり、芸術の爆発を感じる。

 

007

JR東日本の鉄道広告を一手に引き受けているJR東日本企画も、なぜか、おもちゃショーで思い切ったキャラを展示してきた。新幹線E5系がロボットに変身すると言う設定の『Project E5』。

何がしたいんだ! JRグループ!!

 

006

まったく、謎である。このロボットが、Suicaのペンギンを脅かす存在になるのか? 今後の展開には要注目だ。

 

オトナ向けフィギュアは映画関連が元気!

009

高額でリアルなオトナ向けホビーフィギュアとなると、元気だったのは…今年もHOT TOYS社だ。

 

011

展示の内容が、今年もこの通り「HOT」だったことは言うまでもない。

 

010

ブースは、『アイアンマン』シリーズ推し。

 

012

だがブース内で、ひときわ注目を集めていたのはこの「ジャック・スパロー」。『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のジャックを1/6スケールで再現したものだ。お値段29,000円とのこと。

 

本命はやはり『STAR WARS』だ! 

013

しかし、映画の商品化ということであれば、やはり、来年の12月に「エピソード7」の公開が控えている『STAR WARS』が今回のおもちゃショーの大本命だろう。

 

014

そりゃあ、バンダイさんも巨大な巨大なスター・デストロイヤーを飾りたくもなろうというもの。

 

018

「STAR WARS」のメカと言えば、オールドファンの憧れはやっぱり「X-ウイング」だ。今回のバンダイブースではこの「X-ウイング」も複数展示されていた。

 

019

1/48のこの機体は、X型のウイングが稼動するギミックとエンジンの発光を再現。コンセプトモデルとあったが、ぜひ、商品化してもらいたい。1/72のプラモデルは秋に発売予定。 

 

016

プラモデルと言えば同じく今年秋にはベーダー興もプラモ化されるとのこと。

 

015

1/12ではみんなが知ってるR2-D2と、結構マニアックなR5-D4をセット販売で企画中という展示も。バンダイさんは、攻め攻めである。

 

017

生首みたいなこの『ヘッドコレクション』は2015年1月の発売予定。

マスクとかクリーチャー系はともかく、人間の顔をモデル化することになるルークとハン・ソロの顔に注目してしまったが、これまでの製品と比較しても現時点でかなり、クオリティの高い仕上がりだ。

 

オトナも目が離せない

そんなわけで、2014年〜2015年にかけて非常に熱い、おもちゃの数々が発売予定であることが分かった「東京おもちゃショー2014」。

オトナも、おもちゃから目が離せそうに無い一年になりそうだ。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

NARIZO

NARIZO

遊びと美味しい酒のために仕事をする、しがない企画屋。 エンタテインメント業界からIT業界までを渡り歩き、身体には熱いアルコール濃度の血がたぎる。 バーテンダーたちからは、「食べているときだけ大人しい人」と呼ばれる酔狂侍。 最大の弱点は雨の日と月曜日。 twitter

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ