【いつも笑顔がええやん】大阪国際空港の「そらやん」が人々の心をつかむ可愛さだった。

トレンド

 

よーへいよーへい

【いつも笑顔がええやん】大阪国際空港の「そらやん」が人々の心をつかむ可愛さだった。

スクリーンショット 2014-06-16 15.31.15

めっ、めっちゃゆるいやん

大阪国際空港75周年を記念して、ゆるキャラ「そらやん」が誕生した。熊本県のゆるキャラくまモンにも負けない真っ赤なほっぺを持ち、「いつも笑顔がええやん」と周囲を和ませてくれる癒し系。「そらやん」という名前は一般から募集され、1904件もの応募から空にちなんだ親しみやすく愛嬌のある名前ということで選ばれた。5月25日の初お披露目以降、これから様々なイベントに登場するので大阪国際空港に行けば会えるかもしれない。TOP画像はいなは@88hn88)さんから参照させて頂きました、ありがとうございます!

 

もっとそらやんを知ろう

名前

そらやん (「ら」にアクセント)

 

住んでいるところ

大阪国際空港のラ・ソーラデッキ

 

日課

空港内や近くのまちをお散歩すること。空港のみんなのお仕事を手伝うこと。

 

お仕事

大阪国際空港を笑顔いっぱいにすること。

 

好きなこと

おしゃれをすること。お気に入りのスカーフを集めている。 

 

将来の夢

いつか空を飛びたいと思っている。

 

お友だち

関西国際空港のカンクン。空を飛ぶカンクンにひそかに憧れている。

 

性格

好奇心旺盛で、人懐っこい。 ちょっと甘えん坊。

 

言葉

おだやかな関西弁を話す。口癖は「~やん」

 

 参照:そらやん—新関西空港株式会社

 

 

Twitterでは早くもこんな画像が

 

 

 

 

 

いつか空を飛ぶ事が夢」だと言うそらやん。くまモンのように世界へ羽ばたく人気ゆるキャラになることはできるのだろうか。

 

参照元:新関西国際空港株式会社News Release

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

よーへい

よーへい

ライター。播州弁が飛び交う兵庫で、人を傷つけない言葉遣いを学び育つ。愛する方言と男子校に別れを告げ、陸の孤島で精神を磨く修行に出ている。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ