目覚め・戦う・死ぬがループする映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』をスマホゲームで体感!

特集

 

NARIZONARIZO

目覚め・戦う・死ぬがループする映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』をスマホゲームで体感!

トム・クルーズ主演の話題作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の無料ゲーム

今回紹介するのは、トム・クルーズ話題の新作映画、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(原題:Edge of Tomorrow)の世界をスマホ(iPhoneとAndroid 両対応)やPCで体験できてしまう無料ゲーム『LIVE. DIE. REPEAT.』

3D映画の興奮を手元のスマホで体感できる。

日本語未対応(7月7日時点)だけど、大丈夫。このゲームにコトバは要らない。映画のプロモーションなので課金も無い。必要なのは、ゲームをプレイすることで得られる経験…それだけだ!

 

001

最初にするのはキャラの選択…と、言っても

はじめは、ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)しか選べない。

実戦経験ゼロ、将校から降格させられて地球を侵略してきたエイリアン「ギタイ」との最終決戦の戦場に劇中同様、放り出されたケイジの視点で、ゲームは始まる。

 

003

004

いきなり輸送機が爆発。

005

やむなく降下した先は、地獄の戦場だ。

006

007

 

操作は、やりながら覚えろ!

いきなり戦場に放り出されたプレーヤー。

頭上からは味方の機体が次々と墜落してくる。これをよけつつ、前進。

操作方法のチュートリアルは一切無い。そこには武器の使い方さえままならなかった、劇中のケイジと全く同じ境遇があなたを待っている。

スマートフォンの画面をタップしていれば、じきに遊び方を覚えるはずだ。

 008

なんだ! ギタイか!!

敵が近づくと、赤いマーカーが画面に表示され、ギタイの位置をプレーヤーに教えてくれる。

 

009

うおっ、あっという間に目の前に!

010

いかん! 早くも死んだようだ!

010-1 011

 

目覚める、戦う、死ぬ がループする

「死んだ」と思った直後、「REPEAT」と表示され、プレーヤーは即座に死の直前のシーンへと引き戻される。

 

012

このゲームにはセーブなどない。「REPEAT」あるのみ。

013

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、ケイジがまるでゲームの様に何度と無く死んでは、先に進むための経験を得て、蘇り、戦い続けるというタイムループなストーリー。

プレーヤーもまた、アクションゲームを通じてタイムループを体験するのだ。

 

015

二度三度と「REPEAT」しているうちに、敵の攻撃が読めるようになってくる。

016

他の兵士と一緒に、次々とギタイを倒して、前に進もう。

 

最強の女性兵士リタ・ヴラタスキ登場

順調に遊んでいると、突然、凄い戦いぶりの女子登場。

なぜ、死んでも死んでもケイジは蘇るのか、その謎を知っている最強の女性兵士リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)の登場だ!

 

017

彼女の後を追って、さらに激戦のエリアへ!

018

ギタイに囲まれたところで、ロケット弾に切り替え。

019

凄い威力だ。

020

021

映画を見た後で、遊んでいるNARIZOだが、作品の世界観を体感させようと、無料ゲームとは思えないこだわりが随所に感じられる。

あ、また囲まれた。

 

021-1

今度は、ヤバイかも…。

022

011

黙祷…。

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とは?

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、桜坂洋原作の日本のライトノベルを原作に、ハードでリアルなスパイ映画として高く評価されている『ボーン・アイデンティティー』シリーズのダグ・リーマンが監督したSF超大作だ。

最前線に放り出された無能な一兵士が、まさにゲームがリセットされるように、戦死してはまた繰り返し生き返ることで最強の戦士へと成長し、やがて世界を救う手掛かりを見つける。

どうしてタイムループは繰り返されるのか、そして、彼らの戦いに終わりは来るのか!

このゲームの続きは、劇場で見届けろ!!

 

 

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、2014年7月4日より全国ロードショー。

 

参照元:YouTube/無料ゲームLIVE. DIE. REPEAT.iOS,Android,PC)/『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

NARIZO

NARIZO

遊びと美味しい酒のために仕事をする、しがない企画屋。 エンタテインメント業界からIT業界までを渡り歩き、身体には熱いアルコール濃度の血がたぎる。 バーテンダーたちからは、「食べているときだけ大人しい人」と呼ばれる酔狂侍。 最大の弱点は雨の日と月曜日。 twitter

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ