【知っていましたか?】本来の読み方の方がマイナーになってしまった言葉

生活

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【知っていましたか?】本来の読み方の方がマイナーになってしまった言葉

え、知らなかった!!

現代の私たちと昔々の人たちの言葉遣いは大きく異なります。それは、言葉がそのときの社会状況や文化によって日々変化していくからです。今回は、本来の読み方の方があまり使用されなくなった言葉たちを紹介します。

 

こっちの読み方も知っているかな

1.

スライド1

初孫(ういまご)

「はつまご」と読まれることが多いようです。

 

2.

スライド2

他人事(よそごと)

「たにんごと」じゃないんですね。話すときはよく使うかな。 

 

3.

スライド3

間髪を入れず(はつをいれず)

「かんぱつ」と読むことが多いのではないでしょうか。「間」は読まないんですね。 

 

4.

スライド4

早急(さっきゅう)

「そうきゅう」 としか読んでませんでした。

 

5.

スライド5 

大地震(おおじしん)

「だいじしん」より聞き取りやすい気がします。 

 

いかがだったでしょう。今回紹介した言葉は小さな違いだったかもしれませんが、読み方が時代で変化するって面白いですね。50年後、100年後はどうなっているのかが少し気になります。

 

参照元:VIPPERな俺

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ