【映画をもっと楽しむ豆知識】ジャッキー・チェンは映画撮影で「鼻」「足」「指」「頭蓋骨」「眉骨」「頚椎」「尾骨」「胸骨」「足首」を骨折している

特集

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【映画をもっと楽しむ豆知識】ジャッキー・チェンは映画撮影で「鼻」「足」「指」「頭蓋骨」「眉骨」「頚椎」「尾骨」「胸骨」「足首」を骨折している

 アクション映画のスーパースター、ジャッキー・チェン。

「極力スタントを使わない」というポリシーを貫くばっかりに、彼の映画人生はケガとの戦いでもあったのだ。

その壮絶な大ケガの歴史を振り返ってみよう。もっとジャッキーが好きになること、うけあいだ。

 

 

■『スネーキーモンキー蛇拳』(1977年)

蹴りが直撃して、前歯を1本を失う。

 

 

■『ドランクモンキー酔拳』 (1978年)

眉骨が折れ、失明する危険があった。

 

 

■『ヤングマスター 師弟出馬』(1980年)

喉にケガを負う。

 

 

■『プロジェクトA』(1983年)

25mの時計台から落下するシーンで頸椎損傷する。

しかも、治療したあとで同シーンの撮り直しをおこない、計3回落ちている。

 

 

■『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985年)

電飾ポールをすべり落ちるシーンで脊椎損傷・骨盤脱臼し、半身不随寸前になる。

 

 

■『サンダーアーム/龍兄虎弟』(1986年)

木から木へと飛び移るシーンで落下し、頭蓋骨骨折・左耳裏の骨が陥没し、脳出血する。

 

 

■『プロジェクト・イーグル』(1991年)

胸を強打し、胸骨を骨折する。

 

 

■『新ポリス・ストーリー』(1993年)

車2台に足を挟まれ、太ももを捻挫する。

 

 

■『ポリス・ストーリー3』(1995年)

頬骨を脱臼する。

 

 

■『レッド・ブロンクス』(1995年)

足首を骨折する。

 

 

■『アクシデンタル・スパイ』(2001年)

尾骨を損傷し、一時下半身不随になる。

 

 

■『メダリオン』(2003年)

眼部を損傷し、出血する。

 

 

は、半端ねえ。これでもほんの一部なんだからね。

斬新で過激なアクションの裏に、これだけの自己犠牲があったなんて。

…今夜、ジャッキー映画借りてこよう。

 

写真提供:Public Domain Pictures.net

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ