エジプトの謎すぎる神さま「メジェド」が本当に謎な存在だった…

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

エジプトの謎すぎる神さま「メジェド」が本当に謎な存在だった…

こんなに可愛いのに、神…!?

エジプトの神々と肩を並べてるこのオバQにも似た神さま。名前はメジェドと言うのだが、現在も極一部のことしか分かっておらず、本当に謎な神さまなのだ。

 

『死者の書』に登場するメジェドさま

世界最長の『死者の書』は全長37mの「グリーンフィールド・パピルス」 (Greenfield Papyrus) が有名で、2012年に東京と福岡で開催された「大英博物館 古代エジプト展」で、日本にて初公開された。そして、その『死者の書』に謎な神さまメジェドさまが描かれていたのだ。

 

死者の書とは?

死者の霊魂が肉体を離れてから死後の楽園アアルに入るまでの過程・道しるべを描いた書。冥界へ降る魂に死後の世界およびそこで受ける裁きについて、死者の裁判官、ウンネフェル(永遠に朽ちないという意)なるオシリスに会った時に語るべきことなどが記されている。

参照元:Wikipedia 

上記で登場する「オシリス」なのだが、このオシリスのいる館に住み、オシリスの敵を瞳で倒すのだ。そして、人の心臓を喰らい、死者の肉体を聖別する、という死と密接な関係にある神さまとされている。しかし、『死者の書』でしか確認されていないのだとか…。

ちなみに「オシリス」は、冥界の統治・君臨している。

 

Twitterでは…  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりの可愛らしさにグッズを作り出す人も!

自分だけのオリジナルグッズを販売することができるサイトSUZURIにて、Sylvia T Egypt ( egyptrip )さまが、さまざまなメジェドグッズを販売している。

 

suzuri

メジェド神 iPhoneケース

 

suzuri3

メジェド神 マグカップ

 

suzuri4

メジェド神 Tシャツ

 

suzuri2

Wメジェド神 トートバッグ

 

『死者の書』を作った人も、こんな異国の地でメジェドさまが異様な盛り上がりを見せるだなんて思わなかっただろうな…。

 

参照元:TwitterART AFTER  FIVE.COM / むじん速報 / Wikipedia(オシリス

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ