沖縄で唯一の電車!沖縄都市モノレール「ゆいレール」に乗っておもしろ各駅停車の旅【前編】

国内

 

miya-neemiya-nee

沖縄で唯一の電車!沖縄都市モノレール「ゆいレール」に乗っておもしろ各駅停車の旅【前編】

こんにちは。沖縄在住、ライターのmiya-nee(ミヤネエ)です。

沖縄の電車といえば、戦前まで走っていた軽便鉄道。戦後になって電車はなくなりその後の公共交通機関は路線バスとタクシーのみ。現在は生活に密着した車社会となっており通勤ラッシュの時間帯、悪天候時、観光シーズン(レンタカーが増える!)は想像を絶する渋滞に突入。みんなイライラ。かなーりイライラ。時間が読めないのは困るんだよー。そんな中2003年8月10日に沖縄都市モノレール「ゆいレール」が開通。那覇市内の賑わいを見せる場所をカバーして渋滞を嘲笑うかのようにスーイスイ。そこで今回は、沖縄都市モノレール「ゆいレール」の不思議に迫った各駅停車の旅をお届けします。

 

沖縄都市モノレール「ゆいレール」とは!?

沖縄都市モノレール ゆいレール

ゆいレールの15駅

2両編成にて全15駅を片道27分で走行する「ゆいレール」は片道走行距離が12.9km。最高速度は約時速65km。高さは最高で地上約23m(市立病院前駅付近)に達し、走行中は那覇市内の町並みが展望できる。那覇空港駅の手前には沖縄都市モノレール株式会社があり、そこまでレールが繋がっていて列車の待機や整備はここで行われている。またゆいレールは乗降時の音楽が沖縄民謡で各駅ごとに違う音楽。ラッシュ時は音楽を覚えていれば降り遅れが生じない!?

 

ゆいレールの券売機

列車に慣れてない沖縄県民ですから開通当初は切符の買い方から乗車に至るまで色々なハプニングが!券売機はわかりやすく全駅名の購入ボタンがある。本来金額ボタンだけで十分でしょ。同金額の駅ならどれを買っても同じなんですから。わかっているのについ降りる駅のボタンを押してしまうこの不思議。まさに沖縄都市モノレールにハメられている!?

ゆいレール

今回のテーマはゆいレールの各駅停車の旅。ならば折角なのでフリー乗車券「1日乗車券」を利用して1日で全15駅を周遊するという試みにチャレンジ!今回は記事が長くなるため前編にて6駅、後編にて6駅、特別編にて3駅+@の3部作にてお届けします。

 

1日乗車券を利用して各駅停車の旅!

ゆいレールの一日乗車券

フリーパス「1日乗車券」は大人600円、小人300円で券売機でも購入できる。1日3回以上乗車すれば元が取れてしまう優れモノ。ならばこれを使わない手はない!(一駅区間の利用は大人100円、小人50円。でも一駅間なら歩けてしまう駅も)。

 

ゆいレールの一日乗車券 裏面

そこで裏面を見ると有効期限が翌日のAM6:00まで。購入したのはAM5:45。きっちり24時間使える一日乗車券になっていた。ということは正午に買えば翌日正午まで使えてしまう!?これは上手く利用する価値ありですね。実際に途中で見かけたんですが、観光客の方があるポスターを見ながら「あー!失敗した!」と全開で悔しがってたんです。何を見てるんろうと覗いてみるとそれは一日乗車券のポスターでした。

 

前編スタート!那覇空港駅~旭橋駅までの各駅停車の旅

那覇空港駅

旅の当日。現在の時刻はAM5:50。1日乗車券を購入し、準備万端で那覇空港駅にスタンバイしております。なぜこの時間かというと折角ならば朝一番の始発6:00発に乗車してみようと張り切って参上してしまったからです。本日那覇の日の出は6:00。外は少し明るくなってきましたが、全く人の気配がありません。那覇空港はまだ閉まってます。

 

駅からの各スポットへの徒歩所要時間の計り方

iphoneのストップウォッチ機能

iPhoneのストップウォッチ機能を使用。駅の改札口前から各スポットまでを私の足で実際に歩き、正確な徒歩所要時間を掲載。また掲載したスポットは私個人の見解による独断と偏見にて選択。ちなみに私は自称「容姿端麗、知能明晰」を売りに若干早歩きの傾向あり。身長は157.8cm、足のサイズは23.5cmです。

(※ご注意:一部詐称がございます。)

 

1.那覇空港駅

那覇空港駅 周辺マップ

沖縄県の空の窓口である那覇空港。そこに連絡通路で繋がっているのが那覇空港駅。主に観光客の利用が多く周辺には空港と航空自衛隊那覇基地しかない。と思っていたら、あるじゃないですか。ありましたよ。気になる観光スポットが!

 空港はまだ閉まっているため周遊後に再び戻ってきてグルメ編は撮影したんですが、戻ってきたときの時刻ったら・・・恐ろしいことになってました。

 

気になる!注目スポット

那覇空港駅周辺のおもしろスポット01

その気になるスポットとは沖縄都市モノレール株式会社!(徒歩:5分47秒)
宣伝ではありませんよ。ん~でも宣伝か!?ここには「ゆいレール展示館」なる建物があり、平日9:30~16:30まで無料開放されている。敷地内の奥にはゆいレールがズラリと待機中。中々のわくわくモノです。電車マニアの方、ぜひどうぞ。

 

那覇空港駅 周辺スポット02

駅の改札口手前には「日本最西端の駅」の石碑(徒歩:2秒)
ここで記念撮影する方が多いよう。

那覇空港2階の中央広場にある 顔はめパネル(徒歩:2分3秒)
県内あちこちに面白顔はめパネルがあるのでなぜかパッとしない印象ではありますが。那覇空港利用の記念にぜひどうぞ。

 

沖縄の窓口「那覇空港」の気になるグルメスポット

那覇空港駅 周辺グルメ01

那覇空港1階の隅っこにひっそりとある「空港食堂」(徒歩:1分57秒)
観光客には気付かれそうにない場所にある。沖縄の定食屋的存在なので空港関係の職員など主に沖縄の人たちが利用している。昼時は結構な混雑で昼食時を中心にオープンしている。

空港3階にある沖縄のファストフード「A&W」(徒歩:2分8秒)
オススメはスパイシーなカーリーフライ。変り種としてはルートビア。数種類の薬草が入っていてイートインならお替わり自由のお飲物。サイズはS/M/L とあるので、Sサイズを注文してガンガンお替わりしてください。味はというと一番最近聞いた感想は「咳止めシロップの味」とのこと。でも私は好きです、大好きです!おいしいですからー。

 

日本最西端の駅弁

昨年、期間限定にて販売した日本最西端の駅弁「油味噌かつサンド」
再び今年も帰ってきました。5/8から発売開始のこの駅弁。なんと5社が絡んで発売へと至った貴重な商品。販売場所は沖縄都市モノレール株式会社、とんかつ製造は沖縄ハム株式会社、油味噌製造は株式会社赤マルソウ、パンとサンドの製造はオキコ株式会社、企画・販売は35COFFEEを手掛ける宗英道株式会社。内容はかつサンド3個、35コーヒークリームデザートサンド1個のセット。那覇空港駅構内の35COFFEEステーションカフェにて1日35個の限定販売。なぜ35個かって?それは35COFEEだから。

 

ゆいレールの車内

そしてやっとゆいレールに乗車。さすがに始発は誰も乗っていない。まだ空港が閉まってますからね。素敵な貸切状態です。

 

2.赤嶺駅

赤嶺駅 周辺マップ

この赤嶺駅周辺は静かな住宅街の印象。しかし住宅街のあるところに経済あり!とあちこちにお店が点在している。住民以外はあまり利用しない駅のようですが散策してみると意外と面白いスポットがあったんです。

 

気になりすぎるスポット

赤嶺駅 周辺スポット01

駅構内の改札口手前には「日本最西端の駅」の顔はめパネル(徒歩:-6秒)

駅ロータリーにある「日本最西端の駅」の石碑(徒歩:1分14秒)
駅をバックに記念撮影ができる。

 

赤嶺駅 周辺スポット02

偶然見つけた不思議なオブジェ。(徒歩:6分38秒 若干遠回り)
と思ったら小禄わかば公園にある滑り台。急に現れたので結構なインパクト。

街に出没したワニ(徒歩:2分49秒)
なぜか血のりのワニ。沖縄県民の方なら見覚えがあるかも。そうあのお店です。 

 

気になる!グルメスポット

赤嶺駅 周辺グルメ01

外観が沖縄風のマクドナルド小禄店(徒歩:2分31秒)
赤瓦の屋根や屋根上のシーサーなど沖縄風の個性的なマクドナルド。

 

赤嶺駅 周辺グルメ02

駅前にあるスーパー「ユニオン」(徒歩:1分9秒)
ここは24時間営業の沖縄のスーパー。台風時でもギリギリまで開店する強者です。

産地直送仲買人 いぶし銀次郎 小禄本舗(徒歩:2分44秒)
株式会社みたのクリエイトが営業展開する居酒屋で個性的なインパクトある外観といい、味にも定評があるんです。みたのクリエイトが営業展開するお店は全店コンセプトが強く個性的でオシャレ。そこに味が美味しいときたら行きたくなるのも当然。沖縄ではかなり注目を浴びている居酒屋たち。

 

赤嶺駅 周辺スポット05

たこマックス(徒歩:2分53秒)
現在、時刻は7:05.さすがにお店は閉まっている。後日改めて開店時間に行ってみました。店名の由来なのか、タコ焼きの大きさもマックス。開店は15時、閉店は23時という沖縄タイム。夜でも人が絶えず来るそうで中々の人気タコ焼き店。店主のおばちゃんもいい味出しててホッコリしますよ。

 

3.小禄駅

小禄駅 周辺マップ

小禄駅周辺は区画整理された簡素な住宅街の印象。駅前には大きなイオン那覇店があり、駅周辺は賑やかさを見せる。一歩中に入ると沖縄ならではの雰囲気を持つ遊歩道や公園が多いのが印象的でした。

 

長閑なおもしろスポットが!

小禄駅 周辺スポット01

駅前の休憩広場(徒歩:48秒)

遊歩道に突如現れたシーサーたち(徒歩:3分50秒)

 

小禄駅 周辺スポット02

遊歩道で見かけた不気味、いや可愛いシーサー。(徒歩:3:48秒)

不思議な形!?なんと巻貝のオブジェ(徒歩:1分36秒)

 

小禄駅 周辺スポット03

金城小学校と金城中学校の間にある遊歩道(徒歩:4分23秒)
公園かと思い入っていくと子供たちが掃除をしていた。爽やかな笑顔と元気な声で「おはようございます!」と通り過ぎるたびに声を掛けられ、学校の敷地内に入ってしまった!?と一瞬挙動不審に陥りましたが、先生らしき人に確認すると「いえいえ、ここは金城小学校と金城中学校の間にある遊歩道です。歩いても大丈夫。」とのこと。清々しい朝の光景はまさにほのぼのできる場所。

 

外観が個性的なグルメスポット

 小禄駅 周辺スポット04

バス亭デザインの通堂(徒歩:3分48秒)
この時間なのでまだ開店前。しかしよく見ると敷地内に喫煙所を兼ねたバス停風の休憩所が。実は数回ほど来たことがありますが普通に素通りしてました。

 

小禄駅 周辺スポット05

クリスマスの装い!?森の中の一軒家をイメージしたcafe511(徒歩:5分6秒)
当たり前ですがこちらも開店前。入口のツリーを模した木が可愛らしい。小禄では人気のカフェでランチはハーフバイキングだそうです。

 

小禄駅 周辺スポット06

 タイ料理のカフェとして人気!asian cafe chai dee(徒歩:4分24秒)
やはりこの時間はまだ開店前。一番人気はグリーンカレーとのこと。写真は後日撮らせてもらったものでティータイム時に提供しているグリーンカレーのセット。自家製ケーキは種類が豊富で目に鮮やかな彩り。異国情緒を思わせるアジアンテイストの店内と味が人気。絶えず人が訪れていた。

 

4.奥武山公園駅

奥武山公園駅 周辺マップ

ゆいレールの各駅にはタイル画が飾られている。空手といえば実は沖縄が発祥地。ここは駅名の通り、奥武山(おうのやま)公園が目の前で公園内にある県立武道館は沖縄空手や古武道の練習や競技が行われている。そして駅周辺がこんなにも古い町並みだったとは。趣と風情のある裏路地や老舗店。今回の散策の中では意外なほど面白かったです。

 

古い町並みの気になるスポット

奥武山公園駅 周辺スポット01

駅のホームから眺めた奥武山公園(入口までの徒歩:1分46秒)

公園内にある長ーい滑り台(徒歩:4分15秒)

 

奥武山公園駅 周辺スポット02

不思議な音が聞こえてくるブラザーランドリー(徒歩:1分13秒)
本日の突撃取材1件目。建物の中から「プッシュ―」と何やら豪快な音が聞こえてくる。気になって窓の隙間から覗くとズボンプレスの音らしい。建物内は大きな工場になっていて窓越しにたくさんの服と人が右往左往している光景が見える。社長曰く「工場内は企業秘密ね」仕方なくカラフルな袋だけ撮影。昭和32年創業の老舗クリーニング店にはおもしろ不思議発見がたくさん詰まってそうな気がする。すごーく気になる。

 

奥武山公園駅 周辺スポット03

気になる路地裏への入口(徒歩:1分33秒)
この細道の感じ、大好きです。裏路地に入るとなんだかわくわくしてきませんか。大通りから一歩中に入り裏路地を散策してみると、そこには沖縄らしい風景と古い町並みが。こんな場所にこんな町並みが!びっくりしたと共に新鮮な感覚でした。

 

こんな目の前に老舗店があった!

奥武山公園駅 周辺スポット04

笑顔でオジーが出迎えてくれる豚の丸焼きの金城畜産(徒歩:1分17秒)
本日の突撃取材2件目。なんとも味のある笑顔のオジーがお出迎え。豚の丸焼きは10kg¥32,000~。金額は子豚の大きさにもよるんでしょうね。これは中々食べられない。興味のある方、ぜひどうぞ。

 

奥武山公園駅 周辺スポット05

大正13年生まれのトシ子が迎えてくれる老舗のペリーもち屋(徒歩:1分28秒)
突撃取材で行くもトシ子オバーが試食をくれまして。とーにかく柔らかいこのお餅。話を聞いたら餅米から挽いた餅粉を使用し、防腐剤を一切使用せず昔ながらの製法で素材にもこだわりを見せていた。多良間島産黒糖や少し高値のタカキビ粉も使っていて「粉は高いけど喜んで買ってくれたら嬉しいさ~」と。泣かせるねぇ、トシ子。1個90~100円。朝6時から開店してるのもビックリ。

 

5.壺川駅

壺川駅 周辺マップ

目の前には川、そして海が臨める。それ以外はあまり特徴を感じなかった壺川駅でしたが、思いつき自由行動で散策をしてみると裏道には意外なお店が待ち構えていてた。

 

意外な場所で意外な発見!

壺川駅 周辺スポット01

58号線に架かる明治橋(徒歩:5分17秒)
橋を渡り始めると欄干には龍、中国古来の想像上の動物が描かれており見てたら中々面白かった。麒麟の図(写真:右)は全くもってキリンじゃなくただの猛獣。川が交差してる場所なので隣り合わせに繋がっている橋でも名前が違ったり、川名が違ったり。ちょっとした歴史を感じる空間。

 

壺川駅 周辺スポット02

馬肉、羊肉、鹿肉!?ミツシゲ食品(徒歩:2分59秒)
のぼりが気になる。

壺川中公園(徒歩:4分27秒)
不思議なアスレチック遊具のある公園。屋根付き休憩所もあり、周辺で購入したお弁当を食べながらゆっくりするのもいいかも。

 

味のあるグルメスポット

壺川駅 周辺スポット03

以前、日本最南端の駅弁で有名になった壺川駅前弁当のさかな (徒歩:3分45秒)
ここ「さかな」というお店はリバービューの席があり夏を彷彿とさせております。いいねー、この席いいねー。お弁当は漬け丼風で11時から販売開始。その日仕入れた新鮮な食材で作るので注文を受けてから作り始める。そのため電話予約をしておくと待たずに購入できるそう。気になりますなー。

 

壺川駅 周辺スポット04

牛丼専門店ですが、ゆし豆腐もある!げんき家(徒歩:3分33秒)
牛丼専門店の文字が気になり、突撃取材。店内に入るとメニュー表がレトロな昭和時代を醸し出している。ここの牛丼が気になる。でも今日は時間がない。店長曰く「うちの牛丼は普通だよ。」とのこと。なんだか気になるこのお店。

 

壺川駅 周辺スポット05

オフィスビルに群がるお弁当屋部隊!?(徒歩:2分49秒)
沖縄では大きなオフィスビルがあると昼時にはお弁当屋さんが並ぶ。58号線の久茂地交差点や那覇新都心などは有名。ここのお弁当屋さんの数は今まで見た中で一番店舗数が多い気がする。ずーっと奥まで弁当屋さんは続いているのであった。

 

6.旭橋駅

旭橋駅 周辺マップ

58号線上にある唯一の駅が旭橋駅。改札口を出ると連絡通路からは3車線の58号線が展望でき、駅前には那覇バスターミナル。周辺はシティーホテルやオフィスビルが並び、那覇港にも近いので少し歩けば海も見えるという好立地。

 

南国情緒たっぷりのスポット

旭橋駅 周辺スポット01

駅前にあるバスターミナル(徒歩:1分34秒)
バスマニアの方、ぜひどうぞ。

那覇バスターミナルの端にある仲島の大石(徒歩:1分58秒)
高さ約6m、中央部の周囲は約25mの琉球石灰岩。岩の下は波に浸食され窪んでおり昔この辺りが海岸だったことを示している。

 

旭橋駅 周辺スポット02

オフィスビルの間に現れた休憩所(徒歩:3分23秒)
都会的なスタイリッシュさを感じさせる休憩所。こんな場所にあるなんて!?

ヤシ並木と海(徒歩:2分48秒)
南国ならではの風景です。

 

旭橋駅 周辺スポット03

 那覇港の巨大なコンテナーたち(徒歩:6分39秒)
大きなモノを見るとなぜかわくわくしてきませんか。

キレイな海の壁画(徒歩:4分42秒)
なんと沖縄製粉の塀に描かれている。南国要素たっぷりの不思議空間。

 

地元の豚肉店のレストラン、そしてデカ盛り対決!

旭橋駅 周辺スポット04

名護市のお肉屋「我那覇畜産」直営の我那覇豚肉店(徒歩:1分26秒)

写真はランチメニューのヘルシーカツ定食(650円)。とんかつ専門店だと普通は1000円以上しますが、ここのとんかつはこのおいしさでこの価格!?という驚きの安さ。地元の豚肉屋ならではのなせる技なのか。昼時は順番待ちが入る人気店。

 

旭橋駅 周辺スポット05

この日、波布食堂は定休日でお休み。そのためなのか嶺吉食堂は満席状態でした。どちらもデカ盛りで有名な人気店。

それではいざ、デカ盛り対決行ってみましょう!

 

嶺吉食堂 デカ盛り

まずは嶺吉食堂。大きなテビチ(豚足)が4つ入ったてびちそばが有名。かなりのボリュームです。そして煮つけは実はお皿がかなーり大きい。直径30cm程の大皿にドカーンと乗った煮つけたち。1人では食べきれない量とお見受けしました。

 

波布食堂 デカ盛り01

お次は波布食堂。この日は定休日だったので翌日見に行ってきました。

波布食堂のメニューはほとんどがデカ盛り。チャーハンは軽く2.5人前!?有名な肉そばは具がてんこ盛り。麺に箸が届かないので具を一旦退けてから食べる。そのため具を乗せる取り皿付なのです。

 

波布食堂 デカ盛り02

波布食堂のかつ丼。かつ自体が大きく、煮て盛り付けるとこのようになる。ご飯の量も半端なく、持ち帰り用のパックに詰めるとご飯だけで2パック分。こちらの食堂、食べきれない量なので声を掛けると持ち帰り用のパックをくれる。予め持ち帰りを想定してメニューを選択する人も。そばはさすがにテイクアウトできないですからね。カツカレーも素晴らしいボリュームです。

 

こちらの2店舗、観光客らしき方は料理を見ると必ずどよめく。または大喜びで「きゃっきゃ」言ってます。そんな反応を見るのも楽しい驚きの食堂。皆さんはどちらの店のデカ盛りがお好みですか。ぜひ完食目指してチャレンジあれ!

 

さて旅の話に戻りますが、ここまで来てやっと6駅。現在の時刻はなーんと14:00前後。ああ、広げ過ぎました。深く突っ込み過ぎました。時間がないのはわかっていたのに。各駅1時間で周遊しても15時間かかるというのに。始発の6時からスタートして早8時間が経過。これでは間に合わないじゃないか。6駅だけで一体何キロ歩いたのか。そういえば沖縄都市モノレールの方が言っていた。「本当に1日で15駅周るんですか!?ほんとにほんとですか?」と。あの時あの言葉を信じていたら。

 

そして後編へと続く・・・

後日乞うご期待。

 

情報提供元:沖縄都市モノレール株式会社

写真提供元:沖縄都市モノレール株式会社35COFFEE・那覇市沿岸漁業協会組合 壺川直売店 さかな

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

miya-nee

miya-nee

沖縄在住のライター。通常はWeb系の仕事もしつつ、おもしろとグルメとWebを追いかけながら弾丸トークで邁進中。2014年は、「ほどほどに真剣な表情だけは見せつつ、適当に切り抜けたい。」と密かに企んでいる。Twitter

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ