【A113】ディズニー映画の多くの作品に仕込まれている謎のナンバーとは?

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【A113】ディズニー映画の多くの作品に仕込まれている謎のナンバーとは?

 04

謎のナンバー「A113」

ディズニー映画の多くの作品にはA113という英数字が仕込まれているのを皆さんはご存知でしたか?

実はこの数字は作品のクリエーター達にとって、共通の思い入れのある数字だったのです。

 

数々の作品に仕込まれたA113

01

02

03

04

05

06

 

A113の意味とは・・・・

ディズニーやピクサーの多くの才能あるクリエーターたちが学んだ教室があります。

カリフォルニア芸術大学の[A113]教室です。

クリエーターたちはここで一流のクリエーターを目指して仲間たちと切磋琢磨しました。

ディズニー映画に隠されたA113はこの教室への感謝、そして初心を忘れないという思いが詰まったささやかなメッセージだったようです。

eyecatch

 

人が作品をつくっているのだなと改めて感じることができました。

参照:YouTube

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ