【綺麗な花には毒がある】キケンな魅力に溢れるイングランドのポイズンガーデン

海外

 

堀江くらは堀江 くらは

【綺麗な花には毒がある】キケンな魅力に溢れるイングランドのポイズンガーデン

RHP_4153+Poison+Garden+Ga_R

バラのように美しい花でも、触るとトゲで怪我をしてしまう。だが、イングランドにあるポイズンガーデン(毒の庭)には、トゲどころか毒のある植物しか栽培していない。

なんでもこの庭園は毒草の効果を知りたがったとある侯爵夫人が作ったものだとか。戦争の影響で一度は閉園したが、侯爵夫人の手によって2001年に復活。現在では多くの観光客が集まる人気スポットになっているとのことだ。

しかし、なぜ伯爵夫人は、毒草の効果を知りたがったのだろう?

 

伯爵がまだお元気なのか、ちょっと心配…

一見すればどれも美しい草花だが、その全てに毒があると思うとゾッとする。

Alnwick-Poison-Garden_R

blackcurrants_gavinton_800_R

castor-oil-plant_R

毒草といっても種類は色々。タバコから大麻まで様々な毒性のものが栽培されている。

IMG_8154_R

IMG_8160_R

もちろん無断では立ち入ることはできない。知らない人が勝手に入ってしまわないよう恐ろしい門が庭園を守っている。

RHP_4153+Poison+Garden+Ga_R

園内に入るとまずガイドに「植物を触ってはいけない」と注意される。その後、園内をめぐりながらガイドに毒草について色々教えてもらうことができるのだ。

deadfish_R

ちょっとスリリングなことが好きな人なら絶対に楽しめるスポットだろう。だがくれぐれもガイドさんのいうことは守って欲しい。というか、守らなければ危ない。

 

参照元:WHEN ONE EARTH

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

堀江くらは

堀江 くらは

ライター/ブロガー バイクに乗って美味しいコーヒー豆を探すのが趣味。最近のマイブームはボードゲームです。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ