【感動が止まらない!】前足に障害のある犬が3Dプリントの義足で走れるようになった件

海外

 

さっちーさっちー

【感動が止まらない!】前足に障害のある犬が3Dプリントの義足で走れるようになった件

無題5

犬と言えば、外で元気に走り回るのが大好きな動物ですよね☆ところが、このハスキーのミックス犬・ダービー君は、生まれつき前足に障害があるために辛うじて歩く事ができる程度で、その度に切り傷などの怪我をしていたそうです。…かわいそうに。

そんなダービー君の 運命を変えたのが、Tara Andersonさんとの出会いでした。実はTaraさん、3Dプリントを請け負う会社に勤めており、その3Dプリント技術を使ってダービー君のために義足を作る事にしたんですって!いい話ですね~☆

 

歩く事すら難しかった犬が走れるようになるまで…

自由に動く事ができなかった以前のダービー君

無題2

 

散歩の際などには、大きな車輪の歩行補助機が必要でした。

無題3

 

ダービー君のために義足を作ろう!

まずダービー君の前足のCTスキャンを取って、彼の肘の形にぴったりの義足をデザインしました。外見が少しロッキングチェアと似ていますね。

無題4

 

3Dプリントで製作された義足

無題5

 

感激…あのダービー君が走った!!!

無題6

 

それでは、実際にダービー君が義足をつけて自由に走れるようになった姿をご覧ください!

 

3Dプリントにこんな活用法があったんですね、スバラシイ☆

参照元:22Words

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

さっちー

さっちー

敬愛するウッドハウスの本を片手に、世界中の秘境を旅する廃墟マニアです。好きな言葉はもちろん、「もののあはれ」でしょう。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ