【プロジェクション・マッピングの新境地】水のカーテンに映し出された幽霊船が素晴らしく幻想的!

海外

 

堀江くらは堀江 くらは

【プロジェクション・マッピングの新境地】水のカーテンに映し出された幽霊船が素晴らしく幻想的!

005

ビルなどに映し出すプロジェクション・マッピングは、いまやアートとして認知されつつありますが、アイムステルダム・ライトフェスティバルで若手建築家と芸術家の集団  visualSKIN が行ったプロジェクション・マッピングは、ビルではなく海上の水のカーテンに幽霊船を描くというものでした。

プロジェクション・マッピングの新境地を切り開く、斬新で幻想的なパフォーマンスをご覧あれ!

 

水のカーテンに浮かび上がるのは、まさしく本物の幽霊船

006

003

交差する水が幻想的な風景を描き出します。

005

004

この船のモデルになったのは1749年にバタビアへの処女航海中に沈没した東インド会社の船だそうです。このパフォーマンスは船が長い時を経て戻ってきたという設定で行われました。

 浮かび上がる幽霊船がまるで蜃気楼のようで幻想的ですね!

参照元:COLOSSAL

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

堀江くらは

堀江 くらは

ライター/ブロガー バイクに乗って美味しいコーヒー豆を探すのが趣味。最近のマイブームはボードゲームです。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ