足柄峠は、自然とグルメも楽しめるランニングスポット!

国内

 

三河 賢文みかわん

足柄峠は、自然とグルメも楽しめるランニングスポット!

こんにちは、“走る”ライターの三河です。

私は毎月1回、(ほぼ)決まって静岡県駿東郡にある足柄峠をトレーニングに使っています。本でも紹介されていたらしく、最近はランナーが増えてきたスポット。

今回、このコースが実は“観光”的要素も持つことが分かったので、皆さんにも紹介したいと思います。

 

地元の温泉施設をランニングステーション代わりに

最寄り駅は御殿場線「山北駅」。電車の本数がとても少ないので、仲間などと現地集合するときは遅刻に注意しましょう。電車1本乗り遅れるだけで、到着が30分~1時間近くも遅れてしまいます。

まずは、駅のすぐ近くにある「さくらの湯」へ。ここはランニングステーションのように、着替えをして荷物を置いたまま外に出ることができるのがグッド・ポイント!しかも、走り終わったあとは炭酸カルシウム温泉で疲れを癒やせるわけですよ。

さらに、6時間700円というコストパフォーマンス!

げた箱と脱衣所ロッカーを利用するのに、それぞれ100円玉(←戻ってくる)が必要なので、2枚の100円玉を握りしめて。着替え終わったら、施設前から早速スタートです!

 

だんだんと傾斜がキツくなるコース

写真 2013-04-13 11 13 30

スタートしてしばらくは、「こんなもんか!楽勝♪」なんて思うかもしれません。確かに坂はあるものの、そこまで急ではないし、平地も交えながら進むので。

しかし…。

写真 2013-04-13 14 23 43

ラスト5kmほどは、まさに“峠”な山道!最大傾斜は16%。しかも、最後はらせん状にグルグルと…心が折れそう。初めて峠に挑む人は、歩いてしまうかもしれません。

ただし、しっかり腕や脚、腰の動きを意識すれば、歩くだけでもトレーニングになります。歩いてはいけないわけではないので、しっかりまずはゴールまで辿り着きたいところです。

写真 2013-04-13 12 08 19

ちなみに今回、なんと“春の紅葉”を見ることができました。あまりにきれいだったので、立ち止まってパシャり。こういう自然を感じられるのも、都心を離れたコースならではの楽しみですね。

 

山頂からの絶景

足柄峠までは、スタートから片道約13km。足柄万葉公園を通り過ぎてさらに進むと、途中で静岡県に入ります。

写真 2013-04-13 13 57 27 写真 2013-04-13 13 56 13

この「小山町」という場所は、金太郎のふるさとだそうですよ。知らなかった~。

車やバイクでも、多くの人々が足柄峠を訪れています。観光地でもあるんですね。私もそうですが、みんなの目的はこの景色!

写真 2013-04-13 13 26 29

ドーン!!!

ちょっと雲が掛かってしまいましたが、この絶景!そう、写真左に見えるのは、目の前にそびえ立つ富士山です!

空気も薄いので、辿り着いたときにはかなりの疲労感ですが、この景色を見るだけで回復するようにさえ思います。この景色を楽しむため、ハイキングがてら峠を登ってみるのも良いですよね。

 

下りはスピード注意

登ったら、あとは下るだけ。

写真 2013-04-13 14 01 57

登りと違ってスピードが出ますが、注意しましょう。登りで疲れた筋肉は、下りの衝撃でさらに痛みます。もし脚に痛みを感じたら、無理はしないように。特に坂道は膝など壊しやすいので、気持ち良い疲労感に浸りながら走る程度のペースが理想でしょう。

しかし、ビューンと風を切って走るのは、気持ち良いですよ。

 

番外編:グルメ

実は今回初めて知ったのですが、足柄峠への道中に「足柄古道 万葉うどん」というホットスポットが!結構有名らしく、お店に入ってみるとほぼ満席でした。

写真 2013-04-13 14 55 31

写真は、つけカレーうどん。良い感じにスパイスが効いていてうまいです。

スタートからちょうど10kmくらいの場所にあるので、「頂上まではちょっと…」という方向けの目標地点としてもお勧めですよ。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ