これしかない!スパイウェアやウイルスの脅威からPCを守る、たった1つの重要なポイント

特集

 

ヨシキヨシキ

これしかない!スパイウェアやウイルスの脅威からPCを守る、たった1つの重要なポイント

「彼女のいない奴の休日なんて、所詮ネットぐらいしかやることはない。どんな奇麗事やお題目を並べても、それが真実。」
どうも、流浪人(るろうに)ネットサーファー・ヨシキです。

 

まずは僕の、ハードボイルドな実話を聞いてください。

 

ネットサーファーの一番長い日

やべえ

オレはいつものように○○○の大秘宝を求め、偉大なる航路を旅(=ネットサーフィン)していた。するとどうだろう、オレに(タダで)新世界を見せてくれると約束した情報屋に、見事裏切られちまった。 

 

「絶対安心」という甘い言葉を信じてクリックすると、次々と現れる敵・敵・敵。どうやら待ち伏せを受けたみたいだぜブラザー。
可愛い子ちゃんには気をつけなって、死んだ叔父さんも言ってたっけな。

 

おっと、浸食が始まっちまったみてーだ。「神経(インターネット)接続をカット、パイロットの回収急いで!」なんて昼下がりの悲しい一人芝居を繰り広げながら、この危険な海で安易に相手を信じたツケを払ってるオレの姿を見たら、アイツは何て言うんだろうな。

 

無数のウィンドウを消しながらオレは、一枚の奇妙なポップアップに気付く。

 

これは…請求書…? 払うのは、私?

 

そこに記載してあった金額は、US$3,500。円安の進行する現在、サラリーマンの平均月収をも上回るビッグマネーだ。アベノミクスの力をもってしても、容易に解決する金額ではない。 

 

ていうか、高けぇ。

たけえ

思い出すのは、もう10年以上も前のストーリー。「ワンクリック詐欺」ってヤツが横行していた時代のビター・スイートなメモリーだ。

 

まだまだケツの青いガキだったオレは、リンクを案内した情報屋からの「3万円を指定日までに振込んでください」というイージーな脅し文句に、すっかりブルッちまってた。だから、泣きながらTELしたのさ。豊島区消費者センターに。

 

応対してくれたのは、心を落ち着かせる不思議な魅力の声を持った女性だった。慌てていきさつを話すオレに、優しく、だがキッパリと答えてくれた。「絶対に返信したり、リンクをクリックしたりしないでね。それ、無視して大丈夫なやつだから。

 

その言葉を聞いた途端、憑き物が落ちたように放心しちまったもんさ。あれ以来連絡を取ったことはないが、彼女には感謝してる。3万円も払わずに済んだし、心に傷が残ることもなかった。まさに恩人さ。豊島区民でなくなった今も、その気持ちは変わらない。

 

あれから10年以上が過ぎた。彼女は、今も迷える豊島区民を導き続けているんだろうか。子供や孫に囲まれた、平穏な日々を過ごしているんだろうか。もちろん、彼女が幸せな人生を選択できたのであれば、その後は何だっていい。とにかくオレは、あれ以来公務員には優しく接してるんだ。

 

そんな古き良き時代に思いを馳せ、感傷に浸ったのも束の間、オレはふと気付いちまったのさ。

 

あれ、オレ今けっこうヤバくない?

やばくない?

「母さん助けて詐欺」同様、「不特定多数の相手に脅しをかけ、そのうち何人かが引っかかって入金すればそれでOK」というのが当時のワンクリック詐欺の全て。手口自体は、まったくもって幼稚なもんだったさ。

 

しかし超高度情報化社会となった現在、スパイウェアやコンピューターウィルスなどの目には見えない脅威を忍び込ませ、オレたちの個人情報を奪い取るというのがヤツらの新しい目的となっちまった。

 

ヤツらもすっかりお利口さんになっちまったもんさ。ただ、こいつはマジで怖ぇぜ。たしかにUS$3,500は大金だが、それだけじゃねぇ。一度口座情報なんかを握られちまったら、骨の髄までしゃぶられちまう。ハードボイルドなオレが、久々に直面しちまった大ピンチだ。まずは、敵にPCへの侵入を許しちまったかどうか、そいつを知るところからはじめねぇとな。相手が目に見えない分、骨が折れそうだぜまったく。

 

そんなわけで。

考えよう

…はい。以上、事実に基づいた前置きの寸劇が異常に長くなりました。ライターのヨシキです。

 

ネットサーフィンは楽しいですが、うっかり怪しいサイトを訪問するのは本当に危険です。注意一秒・怪我一生。とくに僕のように、ネットに詳しくない人は尚更です。気付いたら、とんでもない負債を抱えてるなんてことも…。

 

だから僕は、セキュリティソフト販売本数シェア5年連続№1である『ウイルスバスタークラウド』を購入し、スパイウェアやウイルスに備えています。水と安全はタダ、という時代は終わってしまいました。これからは、信頼できるパートナー選びが重要です。

 

というわけで本日は、快適な操作性と軽さを実現するとともに、怪しいサイトの脅威から僕を守ってくれるセキュリティソフトのディフェンスぶりについてご紹介します。この休日、安心してネットサーフィンを楽しむためにも、まずは万全のセキュリティ対策を施すようにしましょう! 

 

ふがいない僕は、セキュリティソフトを頼った。

5月某日。
やばい、変なサイト見ていたら、向こうから攻撃がきた! もしかして何か感染しちゃった!?

やばい 

こんなときこそアイツを召喚だ! 頼むぜ『ウイルスバスター クラウド』!

 ウイルスバスター①

俺のこの手が光って唸る! スキャンをしろと輝き叫ぶ!

 

※『ウイルスバスター クラウド』はオフラインでもスキャン(診断)が可能!「感染しちゃった!? これ以上オンラインにしておくのは怖い!」という時でも安心して利用できます。気になったら、すぐに状況をチェックしましょう。 ウイルスバスター②

 

ダイバー・ダウン! PCの中に入り込んだかもしれない、目に見えない脅威やウイルスを探ってくれ!

ウイルスバスター③

 

現在スキャン中。ちなみにこの「トロイの木馬」というプログラムは、連邦の木馬なみの化け物です!
 EXモデル 1/1700 ホワイトベース (機動戦士ガンダム)

 

 

木馬の中には、たくさんの敵(イケメン含)が潜んでいるかもしれません。目に見えない罠には細心の注意が必要です。
トロイ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

 

そしてスキャン終了、結果は…。
ウイルスバスター④
ナイスディフェンス! 今回、脅威は検出されなかったようです。

 

では、彼らの日頃の固い守りをチェックしてみましょう!
ウイルスバスター⑤

 

どうやら、5件のWeb脅威から僕のPCを守ってくれていたようですね! 次は、この5件の詳細をみてみましょう!

ウイルスバスター⑥
む、なんでしょう、この「elolink」と「hentaicounter」といういかがわしいヤツらは!? どう考えても怪しい! まぁ、サイトを見たのは僕なんでしょうけども!

 

次に、スキャン結果の詳細も見てみましょう。
ウイルスバスター⑦

 

 やや、どうやらCookieから多数の侵入を試みられたようです。

ウイルスバスター⑧ 
しかし、さすがのカテナチオ!「doubleclick」や「adultfriendfinder」といった明らかに有害な猛者たちをシャットアウト!

 

僕がネットサーフィンを続ける限り、『ウイルスバスター クラウド』の戦いは続きます! 皆さんも、ご自身の利用方法にあった設定をお忘れなく!ウイルスバスター⑨

 

ちなみに、メイン画面の背景変更も可能です。

ウイルスバスター⑩
 強敵との果てしない戦いの中に咲く、一輪の花となるのかもしれません。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒険の旅に出るには、頼れる仲間と万全の準備が必要です。休日はそれらをまとめてチェックし、設定の見直しを行う絶好の機会です。

 

ただし、どんなに優秀なセキュリティソフトであっても万能ではありません。ネットの世界には、まだまだ未知なる脅威がたくさん潜んでいるのです。

 

結局、この世界で貴方を守るたった一つの重要なポイントとは、貴方自身の心。すなわち、エロいサイトのリンクをあまり深く追わない、という鋼の意思しかないのです。

 

自分自身を裁くことは、他人を裁くことより難しい
(サン・テグジュペリ)

 

【画像提供】
写真素材 足成
【情報提供】
トレンドマイクロ株式会社 公式ホームページ

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ