ピンポン玉で現代社会をシュールに表現したピンポン玉アートがユニーク!

海外

 

あるぢあるぢ

ピンポン玉で現代社会をシュールに表現したピンポン玉アートがユニーク!

pinpon4_R

世界には様々な素材を使用したアートが存在します。

デザイナー集団「lazerian」のメンバーliam hopkins氏も意外なものに目をつけた1人。卓球でつかうアレ。ピンポン玉です。

「ping pong sculptures」シリーズと呼ばれるこの作品たち。オレンジと白2色のピンポン玉をつなげて制作されています。

ユニークさに目が行きがちですが、それぞれに深い意味が込められているようです。

 

監視カメラ

観衆から見た景色

pinpon1_R

 

ティーポット

娯楽と科学技術

pinpon2_R

 

カプセル

サプリや薬、ドラッグなしでは生きていけない人が大勢!

pinpon3_R

 

対人関係とデジタル化が進むと共に軽んじられる手工芸について

pinpon4_R

pinpon4-1_R

pinpon4-2_R

 

ハンマー

人間は簡単に憎む相手や世界を破壊できてしまいます

pinpon5_R

pinpn5-1_R

pinpon5-2_R

作品の核となるピンポン玉。

かなり多くの量を使用していますが、すべて手作業で接着しているのだとか!驚きですね。

 

参照元:designboom

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

あるぢ

あるぢ

古い本を集めるのが趣味。初版本に興奮します。お猫様の下僕をさせていただく傍らで文筆家を目指しています。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ