2017年☆春夏用アクセサリーにいかが?ナチュラルさが魅力のバングル

生活

 

さっちーさっちー

2017年☆春夏用アクセサリーにいかが?ナチュラルさが魅力のバングル

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-37_Rok

長袖の服を一枚また一枚と脱ぎ捨てて、どんどん薄着になっていく季節がもうすぐ到来しますね。

穏やかな温かさが楽しみなこれからの季節に向けて衣替えするのと同様に、アクセサリーも思い切ってチェンジしちゃいませんか?

真冬には防寒第一で、手元のお洒落なんて二の次になってしまっていた女の子たちも、そろそろ春夏にぴったりのアクセサリーを探し始める頃だと思いますが、アメリカのオレゴンを拠点に活動するアーティスト、Sarah Smithさんが一つずつ手作りしているこちらのアクセサリーなんかいかがでしょうか?

 

好きな花や葉っぱを使ってオンリーワンのアクセサリー作り☆

ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの自然の素材を、透明のエポキシ樹脂の中に閉じ込めて作ったバングルは、見た目が涼しげでとってもフェミニンな感じがしますネ!

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-3_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-15_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-1_Rok

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-5_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-6_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-13_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-32_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-28_Rok

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-311_Rok

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-17_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-33_Rok

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-19_R

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-37_Rok

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-35_Rok

resin-flower-moss-bangles-bracelets-modern-flower-child-sarah-smith-34_R

こちらのバングルシリーズの他にも貝や鳥の羽を使ったイヤリングやブレスレット、ペンダントを作っているSarahさんですが、少し前まではなんとこれらの素敵な自然派アクセサリーのオーダーメイドを受け付けていたそうなんです。

がしかし、残念ながら現在オーダー大殺到のためオーダーメイドの注文は受け付けておらず、既製品でさえも全てソールドアウト状態。でも、「どうしても欲しくなっちゃった!」という方は、Etsy の彼女のショップをちょこちょこチェックしてみてはいかがでしょうか?

運が良ければ、今年中にはゲット出来るかも?!

 

参照元:Bored Panda

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

さっちー

さっちー

敬愛するウッドハウスの本を片手に、世界中の秘境を旅する廃墟マニアです。好きな言葉はもちろん、「もののあはれ」でしょう。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

ページトップへ