ハンガリーがついにユーロ導入?アーティスティックな紙幣デザインに注目!

海外

 

さっちーさっちー

ハンガリーがついにユーロ導入?アーティスティックな紙幣デザインに注目!

bernat1_R

ハンガリーがついにユーロ導入しちゃったのか!とビックリされた方、ごめんなさい~。

こちらは、ハンガリーの学生アーティストの Barbara Bernat さんによる紙幣をモチーフにしたアート作品。

まるで動植物学者のスケッチを紙幣にしたかのようなデザインですね♪

ちなみに、欧州連合に加入しているのに未だユーロが導入されていない国・ハンガリーでは、「フォリント」を現在の通貨単位としています。

ハンガリーのかつての王族や英雄たちが描かれている現在のハンガリー紙幣ですが、もしも新紙幣を発行するならこんなデザインを採用して頂きたいものですネ~。

 

けっこう本格的☆

ヤマネやキツネ、ナナカマドなどハンガリーに縁のある動物や植物を描いたこのアートな紙幣、ナイスデザインですよね。Barbara さん、まだまだ新作のアート紙幣作りに意欲を燃やしているご様子ですが、今度はどんなモチーフのものが登場するのか楽しみです。

bernat8_R

bernat10_R

bernat11_R

bernat12_R

bernat13_R

<エンタメウス的>ハンガリー紙幣についてのトリビア!

ギネスブックにも載った事がある、史上最高額面の紙幣はなんとハンガリーのものだったんですって。

その額なんと1,000,000,000,000,000,000,000ペンゲー(当時のハンガリーの通貨単位)、つまり「10ガイ」ペンゲー紙幣。1946年にハンガリーを襲ったハイパーインフレの影響で、こんな途轍もない額のお札を作ろうという動きがあったそうですが、実際に発行されて使用されたのは1ガイペンゲー紙幣でした。

bernat3_R

bernat6_R

bernat1_R

bernat2_R

bernat14_R

ブラックライトを当ててみると、動物の骨格が透けて見える!凝ってる~☆一枚欲しくなっちゃいますね。

 

参照元:My Modern Met

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

さっちー

さっちー

敬愛するウッドハウスの本を片手に、世界中の秘境を旅する廃墟マニアです。好きな言葉はもちろん、「もののあはれ」でしょう。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ