【目指せ!2022年冬季五輪】自宅の庭にボブスレーコースを作っちゃった!

海外

 

さっちーさっちー

【目指せ!2022年冬季五輪】自宅の庭にボブスレーコースを作っちゃった!

無題3

冬の楽しみは色々ありますが、ウィンタースポーツもその中の一つとして数えられるのではないでしょうか。

スイス生まれのオリンピック競技であるボブスレーは、「氷上のF1」と呼ばれるだけあってタイムを競う競技ですが、残念ながら日本では今ひとつポピュラーなスポーツではありませんよね~。

ボブスレーにチャレンジしてみたいけど色々な面で難しそうなので、結局はソリ滑りで満足するしかなさそうな今の日本の現状です。

 

ソリ滑りでも十分楽しそう~♪

今回ご紹介する動画では、とある一家が自宅の側にまるでボブスレーのコースかと思ってしまう程長いソリ遊び用のコースを作って、思いっきり遊んでいる様子が撮影されています。

これがまたスゴイ距離行くんですよ!この動画を見ていたら、「一緒に遊びたい…。」という気持ちがムクムク湧いてきますよ~。

わざわざ丘なんて登らなくてもいいんです☆

見てください、この女の子の期待に満ちた目。楽しそう!

無題7

「行くよ~。」

無題1

かなり勢いついてますが、大丈夫なのでしょうか?

無題2

今度はこの男の子が挑戦しまーす。

無題6

「いつでもOK!」やる気満々ですネ。

無題3

寝転がって抵抗を少なくするから、余計にスピードが出ちゃうのね。

無題4

寝たままだけど、大丈夫?

無題5

それでは、ボブスレー並みにビューンと飛ばして滑る楽しそうな子供たちをご覧ください。

雪が積もったら真似してみたくなる遊びです。それにしても、滑り終わった地点からテクテク歩いてスタート地点まで戻らないといけないんですよねー。けっこうハードな運動ですよネ!

 

参照元:22Words

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

さっちー

さっちー

敬愛するウッドハウスの本を片手に、世界中の秘境を旅する廃墟マニアです。好きな言葉はもちろん、「もののあはれ」でしょう。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ