【新・社会人】にぜひ読んで欲しい海外文学ヲタ《おススメ》の10冊

特集

 

堀江くらは堀江 くらは

【新・社会人】にぜひ読んで欲しい海外文学ヲタ《おススメ》の10冊

4月ということでこの春、新社会人としてデビューした方も多いことでしょう。

社会に出ると、学生時代には経験したことがないような壁にぶち当たり、足踏みしてしまうこともあります。

そんな時ぜひ読んでほしい本として、海外文学ヲタを自称する僕が個人的におススメする10冊をご紹介します。

 

今だからこそ分かることがあるハズです

1.グレート・ギャツビー/スコット・フィッツジェラルド

華やかな生活の裏にある影…大人になってから読むと悲しみが増します。

007

グレート・ギャツビー

 

2.ライ麦畑でつかまえて / JDサリンジャー

この小説は10年ごとに読み返してほしいんだ。きっと君は毎回違う感想を抱くだろうからね。ほんとの話。

1

ライ麦畑でつかまえて

 

3.存在の耐えられない軽さ / クンデラ

哲学的な言い回し、歴史、恋愛という3要素が混ざった名作です。

009

存在の耐えられない軽さ

 

4.モモ / ミヒャエルエンデ

忙しいあまりに大事なことを見失ってしまいそう。そんな人に読んでほしいです。

008

モモ

 

5.星の王子様 / サン=テグジュペリ

児童文学? いえ。本当に大事なものは大人にならないと見えないかもしれませんよ?

003

星の王子さま

 

6.老人と海 / ヘミングウェイ

自然との闘い、後世へ受け継がれるもの。男っぽい小説はヘミングウェイならではです。

006

老人と海

 

7.日の名残り / カズオイシグロ

仕事に対するひたむきな思い。今は亡き主人のことを思い出す執事の物語です。

005

日の名残り

 

8.路上(オンザロード) / ケルアック

若気の至りを集めたような小説。自分にもあんな時代が…と感傷に浸れるかも?

004

オン・ザ・ロード

 

9.カモメのジョナサン / バック

心がくじけそうになったときに読んでみてください。きっと立ち直ることができるはず。 

010

かもめのジョナサン

 

10.変身 / カフカ

目覚めたら虫になっていたという恐怖が何を意味するのか。よくよく考えると恐ろしい寓話です。

1

変身

 

一度読んだことがある本も、ぜひもう一度手に取って読んでみてください。

社会人になった今だからこそ、分かることがきっとあると思いますよ。

 

参照元:Amazon

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

堀江くらは

堀江 くらは

ライター/ブロガー バイクに乗って美味しいコーヒー豆を探すのが趣味。最近のマイブームはボードゲームです。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ