ハッシュタグ「職業あるある」がニッチ過ぎて全然<あるある>じゃない件

特集

 

堀江くらは堀江 くらは

ハッシュタグ「職業あるある」がニッチ過ぎて全然<あるある>じゃない件

職業_イロイロ03

勤め先も業種も様々なのに、なぜか共通する「職業あるある」。

部下の態度が悪いとか、仕事終わりのビールはうまいとか色々ありますよね。

でも、今回紹介するのは誰にでも「あるある!」と伝わらない、相当マニアックな「職業あるある」。

業界内でもその職種の人じゃないと伝わらない! そんなものばかりを集めてみました!

 

どんな職業のあるあるなのか分かりますか?

もはや校正グセw

 

プロのドクター目線かな?

 

動物医療かな? 野良猫とかみても何かわかるのでしょうか

 

重症患者一歩手前かも?

 

こういう経験は接客業に従事している人ならばあるのでは?

 

髪の毛が薄い人向けのお仕事をされてるんですね…

 

こういう読み方の違い、探せばたくさんありそうです。

 

お持ち歩きっていうんだぁ。ケーキ屋さんあんまりいかないから聞いたことないや。

 

芸能界にいる方は自分含めみんなwikiにのってますものねw

 

僕達ライターのあるあるは…

 

こちらです。

分かりやすい例だと「……」の使い方が媒体によって違うんですよねぇ。同じ雑誌でもコーナーによって違うことがあります。

ちなみに、僕は雑誌だと「……」エンタメウスは「…」です!

媒体の雰囲気などで色々な表現を使い分けているんですよー(僕じゃなくて編集さんが決めるんだけどねw)

 

参照元:#職業あるある

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

堀江くらは

堀江 くらは

ライター/ブロガー バイクに乗って美味しいコーヒー豆を探すのが趣味。最近のマイブームはボードゲームです。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

ページトップへ