自分を犬だと思っている件

犬とキツネという違いはあれど、本当の親子のようです

これからもずーっと一緒に仲良く暮らしてほしいですね。

交通事故により親を亡くしたキツネの男の子は当時まだ生後3週間。

動物病院で保護されたあと、動物好きの家族のお家に引き取られました。

男の子は Dinozzo と名付けられ、コリー犬を親代わりに元気に育っています。