《プロ》の写真家が大自然の中で撮る<セルフィー>はやっぱり凄かった件

海外

 

さっちーさっちー

《プロ》の写真家が大自然の中で撮る<セルフィー>はやっぱり凄かった件

セルフィー好きの皆様コンニチハ。

いわゆる「自撮り」がすっかり珍しくなくなった昨今ですが、老いも若きもなんと最近では猫などの動物たちまでもが(コチラが参照記事です)、こぞってセルフィーに耽っている訳ですが、「やっぱりプロのカメラマンの自撮りはスケールが違うな!」と思わせてくれた方がおられます。

NicholasRoemmelt7_R

こちらのカメラマンの方、ダイナミックな自然と一緒に「ハイ!チーズ!」をされている訳なんですが、小さすぎて彼がどこにいるのかほとんど分かりません!

…自撮りなのに、果たしてコレでいいのでしょうかっ?!

 

目を奪われるほどの絶景!の中の小さな人物…

オーストリアを拠点に活動しているフォトグラファーの Nicholas Roemmelt さんは、フォトグラファーとしてとても恵まれた環境にあります。

豊かな大自然に囲まれた彼の住環境は、家からちょっと外に出るだけでいつでも撮りたい時に好きなだけ、素晴らしい大自然を撮影することができるからです。

顔面アップだけがセルフィーじゃないだ!と教えてくれる写真

こうして見ると、人間の存在なんて本当にちっぽけなモノなんだということが改めて実感できますネ☆

NicholasRoemmelt1_R

NicholasRoemmelt4_R

いい写真を撮るためなら雪山でのキャンプもなんのその!

NicholasRoemmelt5_Rok

NicholasRoemmelt3_Rok

NicholasRoemmelt2_Rll

満点の星空がスバラシイ。

NicholasRoemmelt9_R

NicholasRoemmelt11_R

NicholasRoemmelt6_R

どこにNicholasさんがいるか分かりますか?

NicholasRoemmelt7_R

そんなギリギリに立ってたら危ないよ~!

NicholasRoemmelt10_R

NicholasRoemmelt12_R

40歳のNicholasさんの渾身のジャンプ! なんかカワイイ。

NicholasRoemmelt13_R

NicholasRoemmelt14_Rok

溜息が出ちゃいそうなほどステキな絶景写真ばかりでしたね。結局フォトグラファーのNicholasさんの顔は全く分からなかったけど、ま、いっか。

 

参照元:My Modern Met

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

さっちー

さっちー

敬愛するウッドハウスの本を片手に、世界中の秘境を旅する廃墟マニアです。好きな言葉はもちろん、「もののあはれ」でしょう。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ