リスボン市公認の<落書きアート>はお爺ちゃん&お婆ちゃんにお任せ!

海外

 

あるぢあるぢ

リスボン市公認の<落書きアート>はお爺ちゃん&お婆ちゃんにお任せ!

Lata_11

街中の壁にスプレー缶で絵を描くストリートアート。

思わず感心してしまう素晴らしい「作品」が生まれる一方で、街のイメージを損なうメッセージやイラストも少なくありません。

そんな中、とても個性的なストリートアートのチームがあります。

ポルトガルの首都リスボン市が、高齢者を対象として開催したワークショップ「LATA65」に参加するお爺ちゃん&お婆ちゃんたちのチームです。

LATAとはポルトガル語でCANの意味です。スプレー缶を片手に、「LATA65」のメンバーは街中の壁のキャンバスに挑みます。

お爺ちゃん&お婆ちゃんが描く落書きアートはとってもカラフル。見ているだけでポジティブになれる作品へと生まれ変わるのです。

 

若者顔負け!ストリートアート集団「LATA65」

鮮やかな色で壁をうめつくします

lata

チーム名もちゃんと主張しないとね!

Lata_01

準備もばっちり!

Lata_03

Lata_04

手つきはすっかりベテラン

Lata_07

元気がもらえそうな「作品」ですね

Lata_08

かわいいお花も咲いています

Lata_09

Lata_10

真剣な姿は完全に「アーティスト」です

Lata_11

スプレー缶を片手にキメポーズ!

lata-2

lata-3

LATA65のメンバーでデザイン会議!

lata-4

ストリートアート×お年寄りという発想がとってもユニーク。

そしてみなさん真剣&とっても楽しそうです。

こんなストリートーアートなら応援したくなりますね。

 

参照元:Colossal

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

あるぢ

あるぢ

古い本を集めるのが趣味。初版本に興奮します。お猫様の下僕をさせていただく傍らで文筆家を目指しています。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ