2015《夏バテ防止》メニュー10選|美味しく食べて【暑い夏】を乗り切ろう!

生活

 

堀江くらは堀江 くらは

2015《夏バテ防止》メニュー10選|美味しく食べて【暑い夏】を乗り切ろう!

鬱陶しい梅雨もようやく終わり、いよいよ夏に突入します。海水浴や海外旅行など、今から夏休みの計画を立てている人もいるでしょう。

全力で遊び、食べ、楽しい夏を過ごすためにも、夏バテには注意が必要です。

そこで今回は、夏バテ防止になる10のメニューを紹介しちゃいます! これを食べてあなたも夏バテ知らずに!

a0002_011319_m

 

美味しく食べて、元気に夏を乗り切ろう!

1.豚肉

夏バテ防止になるビタミンB1,B2を多く含んでいます。冷しゃぶなどで食べるといいかも。

a1600_000200_m

 

2.うなぎ

夏バテといえばうなぎ。こちらもビタミンB1,B2が多いです。自分へのご褒美も兼ねて、奮発しちゃいましょう。

()

 

3.豆腐

こちらもビタミンB1,B2が豊富。冷奴やゴーヤチャンプルーなど、夏に食べたいレシピが豊富です。

a0002_011549_m

 

4.上記の物ととにんにく、にら、 たまねぎをとるとGood

ビタミンB1,B2の吸収を助けるアリシンが多く含まれています。薬味にねぎを使うなどして、一緒に摂りましょう。

a0002_010536_m

 

5.レモン

夏バテに効くもう一つの栄養素がクエン酸。酸っぱい食べ物に多く含まれています。

a1230_000027_m

 

6.お酢

クエン酸が多く含まれています。お酢は様々な食べ物と組み合わせることができていいですよね。

Fotolia_44323477_Subscription_Monthly_M

 

7.枝豆 

夏はストレスがたまりやすく、胃腸が弱りやすいです。そこでストレス耐性をあげてくれるビタミンCが重要です。

ビールのお供に最高の枝豆はビタミンが豊富。でも、ビールの飲み過ぎには気を付けて。

a1200_000025_m

 

8.トマト

夏野菜の王様、トマトもビタミンCが豊富。サラダにすれば上記の豚肉などとも合わせやすいです。

a0002_011319_m

 

9.たらこ

ビタミンB1,B2と同じ効果があるナイアシンも、夏バテ防止には欠かせません。

それが多く含まれているのがたらこ。他にもレバーや鯵などがお勧めです。

a0002_011929_m

 

10.カレーなどのスパイシーな食べ物

それでも食欲が落ちてきた! と思ったら、香辛料を使った食べ物がオススメ。

スパイスの効果で食欲が増加します。でも、食べ過ぎは胃を弱らせるのでご注意を。

a0002_012131_m

 

以上のものをうまく組み合わせて、夏バテを未然に防ぎましょう。

今回紹介しごたメニューは、夏バテになってしまってからでも効果があります。

「もう夏バテになっちゃった」なんて人もまだ遅くないですよ。

 

参照元:夏バテ対策・解消法

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

堀江くらは

堀江 くらは

ライター/ブロガー バイクに乗って美味しいコーヒー豆を探すのが趣味。最近のマイブームはボードゲームです。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ