【色鉛筆アート】の鮮やかな色彩に感動!色鉛筆の可能性がハンパない!!

海外

 

さっちーさっちー

【色鉛筆アート】の鮮やかな色彩に感動!色鉛筆の可能性がハンパない!!

もしも、なんでも欲しいものをあげるよ、と言われたら何をお願いしますか?実はあんまり物欲がないタイプのオモシロ味の微塵もカケラもない人間である筆者は、「絵心」をお願いしたいな、なんて思っております。

「絵を上手く描きたい!」と思えば思うほど、「でも、上手い絵って一体なんなのよ?!」と訳が分からなくなってしまう人っていうのは、やはり絵が下手なんでしょうかね…。

Davidson7_R

ところで、最も身近な画材として親しまれている色鉛筆ですが、そんな色鉛筆を使ってすごいアート作品をクリエイトしている方がいます。

 アーティストである Morgan Davidson さんの描き出す作品は、まさに色鉛筆の可能性を無限大にしてしまった感があります。

 

色鉛筆でもココまで出来る!後は腕次第ってことか…。

カラフルで美しい色鉛筆。あのちょっと庶民的な画材で、ここまでクオリティの高い作品が生み出せるということは、やっぱ才能次第・腕次第ってことなんでしょうか?

morgandavidson3_R

お肌の質感まで伝わってきそうです。

Davidson3_R

よく描き込まれているなあ。

Davidson1_R

色鉛筆で描いた絵なのにこの立体感。凄いゾ!

Davidson2_R

パソコンでお絵かきもいいけど、アナログ式もいいですね。

Davidson5_R

自分でも試しに描いてみたくなっちゃいませんか?

morgandavidson1_R

色鉛筆ならお家にあるし…。

Davidson6_R

でも、ここまでの作品が描けるようになるのに一体何年かかることやら…。

Davidson7_R

あの色鉛筆でここまで素敵な作品が出来ちゃうのね、と感動すら覚えてしまいました。

ヨシ、色鉛筆スタンバイOK!紙の用意OK!絵を描く気マンマン!後は「絵心」が降臨するのを待つのみです…。

 

参照元:My Modern Met 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

さっちー

さっちー

敬愛するウッドハウスの本を片手に、世界中の秘境を旅する廃墟マニアです。好きな言葉はもちろん、「もののあはれ」でしょう。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ