《夏》本番を前にしっかり予習・復習をしておきたい【熱中症対策】10箇条

生活

 

堀江くらは堀江 くらは

《夏》本番を前にしっかり予習・復習をしておきたい【熱中症対策】10箇条

夏の危険な病気といえば、熱中症と食中毒。特に熱中症は気を抜いていると簡単にかかってしまいます。

そんな侮ってはいけない熱中症、知っているようで知らないことが多い病気。「大丈夫だろ」という油断が命取りです。

今回はそんな熱中症対策についてまとめてみました。しっかり予習・復習をして暑さに備えましょう!

Fotolia_67559341_Subscription_Monthly_M

 

 

予習・復習して万全の対策を!

1.まずは基本の水分補給から! 何をとればいい?

熱中症対策といえば水分補給。ミネラルが豊富な麦茶や少し薄めたスポーツドリンクがお勧めです。

a1380_000010_m

 

2.塩分補給も大事です

塩分が足りなくても熱中症に。水だけを飲むと血液中の塩分濃度がさらに低下します。

大量に汗をかいたら必ず適度な塩分補給も一緒に。でも、取りすぎはダメですよ!

a0002_011391_m

 

3.涼しく、日差しを遮る服装を

風通しのいい服や帽子など、外出時の服装には気を使いましょう。

a1180_007882_m

 

4.室内でも熱中症に!

室内でも熱中症になる恐れがあります。窓を開け換気をしたり、エアコンなどを使いましょう。

でも、エアコンは強くかけすぎずに。25度以上にしましょうね。

Fotolia_51615570_Subscription_Monthly_M

 

5.曇りの日でも油断しない

曇りの日でも湿気が多かったりすると熱中症に。油断は禁物です。

a0960_006355_m

 

6.睡眠は健康の基本!

体力が低下している時は熱中症にかかりやすいです。睡眠はしっかりとりましょう。

a0002_008282_m

 

7.睡眠中の熱中症にも気を付けて!

寝ている時も熱中症には注意が必要です。

寝る前には水を飲み、室内を適温に保ちましょう。寝る前のお酒は脱水症を引き起こすのでNG

a1180_013128_m

 

8.食事で健康な身体を

夏バテや熱中症にならないためにもバランスの良い食事は欠かせません。

特に朝食はしっかりとりましょうね。

a0002_008242_m

 

9.夏風邪の時は注意!

夏風邪で体が弱っていると簡単に熱中症に…

まず風邪をひかないためにも、特にエアコンの設定温度には気を付けて。

Fotolia_67559341_Subscription_Monthly_M

 

10.大切なのはすぐに休むこと

なにより大事なのは、少しでも「おかしいな」と思ったらすぐに休むこと。

無理は禁物ですからね!

Fotolia_51615566_Subscription_Monthly_M

 

僕は昔、熱中症で倒れてしまったことがあります。入院などはしませんでしたが、かなり辛かったです。

その時は睡眠が不足していたなぁ…徹夜で麻雀やったりしてましたw

みなさんもしっかり熱中症対策を予習・復習して、夏をとことん楽しんでくださいね!

 

参照元:熱中症ゼロへ / omron

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

堀江くらは

堀江 くらは

ライター/ブロガー バイクに乗って美味しいコーヒー豆を探すのが趣味。最近のマイブームはボードゲームです。

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ