もう骨折しても大丈夫?!3Dプリントで出来たギプスが超かっこいい

生活

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

もう骨折しても大丈夫?!3Dプリントで出来たギプスが超かっこいい

転んで腕を骨折しちゃった…。でも、ギプスって蒸し暑いし、痒くてもかけないし、洗えないから臭くなるし、装着したくない!

今までのギプスは石膏を固めて作られたもので、折れた部位の周りに厚い壁を作るようなものでした。ですが、今回Jake Evillさんによって3Dプリントから作られる新しいタイプのギプスが開発されました! やったー!

 

穴が開いている?

写真を見ても分かる通り、ギプスには大きめの穴がたくさん開いています。例えるなら、「みかんのネット」でしょうか。穴が開いているといってもしっかりと折れた場所をサポートしてくれます。

 

特徴は…?

  • 軽い!
  • 蒸れない!
  • 痒くてもかける!
  • つけたままシャワーを浴びれる!

 

動画はこちら

 

まとめ

ギプスは一人一人の骨折場所にあわせて設計・制作されます。これで骨折をしても従来の問題点が改善されるので安心ですね! 私はどこも骨折をしていませんが、ギプスだけでも付けたいです。かっこいいデザインなので見せびらかしたい…。

 

【参照元:Mashable

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ