医療には3Dプリントが役に立つ!?自力での呼吸が可能になった赤ちゃん!

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

医療には3Dプリントが役に立つ!?自力での呼吸が可能になった赤ちゃん!

baby

機械や物と違い、一人ひとりのパーツが違うのが人間です。そのため、少しでもパーツの形がおかしかったり足りなかったりしても、すぐに取り替えるのは難しいです。私も昔、膝の半月板の形が人とは違ったため、たくさんのトラブルが発生しました。私の場合は手術で治ったため今では平気なのですが、手術では治らない人もたくさんいると思います。

今回紹介する、ある赤ちゃんです。この子には肺と肺をつないでいる管が閉じていたため開ける必要があったのですが、意外なことに、3Dプリントで助かることができました!

 

3Dプリントとは?

3Dプリンタ(英語: 3D printer)とは、通常の紙に平面的に印刷するプリンターに対して、3DCAD、3DCGデータを元に立体(3次元のオブジェクト)を造形するデバイスを指す。通常は積層造形法によるものを指し、切削造形法によるものは3Dプロッタ(英: 3D plotter)と呼ぶ。3次元のオブジェクトを造形することを、3Dプリンティング(三次元造形、英: 3D printing)と呼ぶ。

Wikipediaより引用)

要するに今まで平面でしか印刷できなかったものが、立体的に印刷・造形できるということですね。

 

肺と肺の管を開ける必要があった!

生後わずか6週間のカイバ・ギオンフリド(Kaiba Gionfriddo)君には生まれつき肺と肺をつなぐ気管が閉じられていたため、自力での呼吸ができなくなってしまいました。何回も病院へ行きましたが、手当を受けることが出来ず…。そこで医師は3Dプリントの使用を試みました。以下は実際に作成されたパーツです。 

babyy

閉じていた気管を上の器具により広げました。カイバ君はこれをつけた日から自分の肺で呼吸が出来るようになりました。これにより3年もすればこの器具は体内に吸収され、そしてその頃には自力で呼吸が出来るようになるほど気管が強くなっているとのことです! 

 

動画はこちら

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか? 日々進化する3Dプリントは、赤ちゃんの呼吸までをも助けることが出来るのですね! 

 

【参照元:Mashable/YouTube

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ