誰でも簡単に空撮映像を撮れてしまう3万円以下のラジコンヘリ『AR.Drone2.0』を飛ばしてみた!

生活

 

NARIZONARIZO

誰でも簡単に空撮映像を撮れてしまう3万円以下のラジコンヘリ『AR.Drone2.0』を飛ばしてみた!

最近のラジコンヘリの低価格化はすさまじい

とうとうラジコンヘリにハイビジョンカメラが付いて、誰でも簡単に空撮映像を撮れてしまう、そんな商品も3万円を切る価格で手に入る時代がやって来た。

しかも、スマホやタブレットで誰でも簡単に操縦できちゃうのだという。

そこで今回は、そんな空撮ラジコンヘリコプター『AR.Drone2.0』を実際に購入して飛ばしてみた

まずは、どんな製品なのか、メーカーのプロモーションビデオを見てほしい。

【出典 YouTube ARdrone

 

『AR.Drone2.0』は、ハイテクの塊だった

取りあえず届いてびっくりの大きな箱。

DSC00591
予想はしていたが、相当でかい。大きさをイメージしてもらいやすいようにiPhoneを箱の上に載せてみたが、まぁ、こんな感じである。

DSC00592
『AR.Drone2.0』は、4ローターのラジコンヘリコプターで、機体を安定させるために付いているのは、3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、気圧計、水平方向の速度測定用垂直QVGAカメラ(60fps)、3軸の磁気センサー、対地面の高度測定用超音波センサー。
書き連ねただけで、何だか凄い、いわゆるハイテクの塊である。

DSC00596

 

ヤバイくらいの直感的操作性

『AR.Drone2.0』の操縦は、Wi-Fi通信を使ってスマートフォンやタブレットの無料で提供されているアプリ上から行う。
画面が大きくて操作しやすいという理由から、俺の場合はiPadをコントローラーにしているが、iPhoneやAndroid、Kindle Fireでも操作可能だ。

DSC00630
離陸はスマホやタブレットの画面のボタンにタッチするだけで地上約80cmで自動ホバリング。着陸もやっぱり画面のボタンにタッチするだけ。

 

【出典 YouTube ARdrone

このデモ映像にあるように、搭載されたセンサーを駆使した「直感的フライトモード」が、パイロットとの位置関係を計算して、機首の向きに関係なくコントローラーにしているスマートフォンやタブレットを傾けた方向に、直感的にフライトさせることを可能にしている。

自由に飛ばすことが難しいという、ラジコンヘリのこれまでの印象を一変させるこの操作性は、ちょっと革命的だ。

フロントカメラとして搭載されたHDカメラ(1,280×720、30fps)により、簡単に空撮映像を撮影可能で、映像はWi-Fi通信を使って手元のスマホやタブレットで受像する。

DSC00594

このフロントカメラから送られてくる『AR.Drone2.0』の視点を、常に手元のディスプレイで確認しながらスマートフォンやタブレットを傾けて操縦するというスタイルは、ものすごくテレビゲーム的だ。

 

実際に飛ばしてみた!

俺が『AR.Drone2.0』を飛ばしてみた映像は、こんな感じである。


直感的と言っても、機体を回転させたり、高度という概念に慣れるまでは、それなりに練習しないと自在に操作するのは難しい
風が吹くと機体が流されてしまうので、ハラハラすることも多い。
そしてバッテリーは、実際のところ10分持たない
安くなったとは言え、やっぱり壊したり無くしたりするには痛い価格だから、慎重に操縦したくなる。
上達するには、広い場所で、周囲を気にせず思いっきり飛ばせる環境が必要だ。

DSC00659
だがしかし、東京の空はあまりに狭いのである。

それでも、この『AR.Drone2.0』は、滅茶苦茶面白い。
オトナが子供に戻って興じられる夢あるおもちゃであることは確かだ。
近所に自由に飛ばせるような環境があるなら、ぜひ、自在にこいつを飛ばすことに挑戦してみてほしい。

一緒に空の仲間になろうじゃないか!

『AR.Drone2.0』(価格:¥ 29,588)
*2013年7月18日現在 Amazon.co.jpにて

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

NARIZO

NARIZO

遊びと美味しい酒のために仕事をする、しがない企画屋。 エンタテインメント業界からIT業界までを渡り歩き、身体には熱いアルコール濃度の血がたぎる。 バーテンダーたちからは、「食べているときだけ大人しい人」と呼ばれる酔狂侍。 最大の弱点は雨の日と月曜日。 twitter

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ