進撃の巨人ブームのいまこそ、巨大仏を拝みにいこう!

国内

 

松澤茂信松澤茂信

進撃の巨人ブームのいまこそ、巨大仏を拝みにいこう!

微乳が好きな男がいる。「過ぎたるは及ばざるがごとし」なんてことわざもある。だけども、大きければ大きいほどいいって物もこの世にはある。それが、大仏。大きい仏と書いて大仏。コモドオオドラゴンやヘラクレスオオカブトのごとく、名称のうちに大きくあることが運命づけられた存在、それが大仏。

 私が巡った大仏のなかで、特に「行ってよかった!」と感銘を受けた大仏さまを3つご紹介しよう。 

 

洞窟観音も巡れるよ!高崎観音(群馬県高崎市/41.8m)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

群馬県高崎駅からバスで20分ほど、慈眼院の境内にあるのが高崎観音だ。大きさ41.8m、奈良の大仏の2.5倍ぐらいの巨大さ。まわりにビルなどの大きな人工物がないから、いっそう目立つ。胎内は9階建てになっていて、拝観料300円で登ることも可能。仏さまや高僧の像20体が飾られているよ。 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参道のお土産屋さんにはふくろうが飼われている。曇りなき眼で心を見透かされるようだ。

 

4c9c6c12-s

高崎観音にやってきたら、ぜひ立ち寄りたいのが「高崎洞窟観音」だ。歩いて10分ほど、すぐ近くにある。

そもそも、なぜ高崎観音を推すかっていったら、この洞窟観音があるから。長さ400mの人工洞窟で、なかには39体の観音像が安置されている。山田徳蔵さんっちゅう事業家が人を雇って、スコップ・つるはしの人力だけで50年間かけて作りあげたのよ。すさまじい執念でしょ。

 

356df6a3-s

こんな感じの洞窟の横っちょに穴がボコボコ開いていて 

 

098eab00-s 

仏像が安置されている。 薄暗いなかに照明でてらされていて、宗教的ムードもばっちり。

1人の人間の異常な執念を感じられるよ。 

 

 

大仏といえばこのお方!奈良大仏(奈良県仙台市/14.9m)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大仏といえばどうしたって欠かせないのが奈良の大仏さま。大きさの面だけでいえば後続の大仏に歯が立たないし、「奈良の大仏の○倍!」ってなふうに比較の対象として使われがち。しかして、その存在感はいまだにエース級。大仏殿のほうも巨大なので、下から見上げると遠近感が狂ってしまうような感覚に陥る。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジョジョの影響力はこんなところにまで波及している。大仏のわきにある物販コーナーでは「ナラナラナラナラーーッ!!」というジョジョオマージュのクリアファイルが売られていた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大仏に到達するまでのアポローチも面白い。なんてったって参道が放し飼いの鹿で埋め尽くされているのだ。

屋台のまえで寝ていたり、芝生をひょこひょこ散歩したり自由気まま。 好きなだけ触れるよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらが何も持っていなければ温厚そのものだが、鹿せんべいを買った途端、人が変わったように態度が急変する。

ヨダレをダラダラたらし、角で突き上げ、ぴったりマークして離れない。1匹2匹ならまだしも5匹6匹と増えてくるとかなりの脅威だ。 

 

 

日本2位の超巨大仏!仙台大観音(宮城県仙台市/100m)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仙台駅からバスで20分ほど。純粋な大きさからいえば茨城県の牛久大仏が一番デカいのだけど、仙台大観音はもろ市街地にあるのが魅力。すぐ目の前にはイオンがあるからね。マンションの横っちょにそれを超える巨大な大仏という光景がなんとも怪獣映画的なんだな。 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これだけデカいと「デケーっ!」という感想しかわいてこない。説明の看板によると「足の長さは約15.3mでジャイアント馬場の40倍、1歩で30m歩行可能」なのだそうだ。格闘マンガみたくデカさがインフレ化していて、訳がわからない。なんだ、ジャイアント馬場の40倍って。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 足元にある売店では、なぜか中国工芸を売っている。

  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

胎内は12階建て。エレベーターで最上階まで行って、螺旋階段をグルグルくだる。中央の柱には計108体の仏像がおかれているのだ。 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライトアップされていて格好いい。 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 地蔵菩薩の頭のうえにお賽銭がおかれていた。まあ、バランスは取りやすいんだろうけども。

 

 どの大仏さまも見ごたえ充分!「進撃の巨人」を読んで巨大な物と対峙してみたくなった際なんかに参拝してはいかがだろうか。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ