世界52ヶ国を女性一人旅。移住を決意した最高の国ジャマイカとは?

特集

 

北野 啓太郎

世界52ヶ国を女性一人旅。移住を決意した最高の国ジャマイカとは?

ジャマイカの首都キングストンにある「ボブ・マーリー博物館」の2軒となりに暮らす日本人、オカマイこと岡本まいさん。1997年より世界52カ国を一人旅でまわり、最高の土地として移住を決意したのがカリブに浮かぶ小さな島国「ジャマイカ」だった。

しかし、そんな彼女が『危ない世界の歩き方 〜危険な海外移住編〜』という書籍を出版。魅力なのか? 危険なのか? ジャマイカとは一体どんな国なのか?

日本から地球の真裏にあるジャマイカ、Skypeにてインタビューを行った。

 

*上の写真は、Bob Marleyの息子でグラミー賞を3度受賞したDamian "Jr.Gong" Marleyと岡本まいさん。(Photo by Norico Okada)

 

危ない世界の歩き方 危険な海外移住編

 

Q.ジャマイカってどれくらい危ないの? 日本とは全然違う?

ジャマイカに来れば、ガンショット(銃声)は聞くし、お金を狙われたりすることもある。ビックリだよね。だけど、私はジャマイカより日本の方が怖い。毎日、仕事や時間に追われ続ける。家族と過ごす時間もない。家賃を払うのに必死。精神面でジャマイカは気楽です。

 

Q.ジャマイカでのドッキリ恐怖エピソードは?

殺し屋ってのが実際にいる。陽気に一緒にお酒飲んでて、あとから別の人に「あいつは殺し屋なんだよ。10万円くらいかな。何かあったらあいつに言えば平気だから」とか言われてドキッとすることがあった。また、13~14歳位になると自作でピストルを作る子供もいて、うっかり暴発させて指を飛ばしてしまう子がいたりもします。

 

Q.ジャマイカでのビックリ生活エピソードは?

ハリケーンが来ないと水不足になって大変。前に2カ月間くらい水が出ない時期があって、トイレも流せないし、食器も洗えない…。それで、でっかい貯水タンクを設置したんだけど、こないだ水を盗まれた。お金やカメラを盗られたことはあるけど、水を盗まれたのは人生で初めて。

ちなみに都心の高級ホテルは、タンクの設置数が半端ないので、水切れにはならないみたい。たまに「シャワー浴びさせて!」と、知り合いが泊まっていたら駆け込むことがあります。

 

Q.ドレッドヘアーのラスタマンたちってどんな存在?

最初は、説教ばかりでうるさいなぁ…って思ってたけど、だんだんと忘れていたことを取り戻させてくれる。自然のことや、命のこと。今は、気づかせてくれるオッサンたちです。

 

Q.ジャマイカって危険だし面倒くさそうだけど…。

日本は豊かな国なはずなのに、自殺率が高いとか問題を抱えてるよね。私にとって、OKなストレスはジャマイカだったの。いろいろ面倒はあっても、私にとってはジャマイカの方が全然良い。

 

Q.ジャマイカへ行き着いたのはいつ?

1997年に旅を始めて、ジャマイカへ最初に行ったのは2003年。それからも他の国への旅を続けて、5年くらい前からは本格的にジャマイカへ。面白いことに、世界中どこへ行ってもREGGAEがあるの。インドのカフェでもボブ・マーリーを聞いたし、エジプトやケニアでも。とにかく、ラスタとかワンラブとか書いてあるところに行けば、そこにはレゲエがある。

「レゲエが好き」っていうのは、世界中の人と仲良くなれるすてきなキーワードなんです!

 

Q.ジャマイカに興味が湧いた方へ。ずばりアドバイス!(無事に過ごすために)

この本「危ない世界の歩き方 〜危険な海外移住編〜」読んでいれば大丈夫です! 全部書いてます。何度も読んでみてください。そしてジャマイカに着いたら、あたかも「ジャマイカは初めてじゃない。馴れてるし」くらい堂々としてください。悪い人ばかりじゃないけど、皆を信じてしまうと大変なことになるので。

岡本まい

* Photo by Maki Kashimura

 

インタビューを終えて。

私、北野もジャマイカへは3度行ったことがあるのですが、山や海など自然がとても美しく、極上の癒やし体験ができます。また食事に関しても、名物ジャークチキンをはじめ、日本人の口に合う! ジャマイカ料理が苦手という日本人の話は聞いたことがありません。

もちろんレゲエが好きなら、満足度はさらに倍増。一日中どこへ行ってもレゲエ・ミュージックを耳にすることができます。

日本からは遠いジャマイカですが、他のリゾート地以上に、人を通じて感じる魅力 "バイブス" がビシビシ伝わって来ます。ぜひ一度はジャマイカへ。リスペクト。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

北野 啓太郎

ライター、エディター。音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在、業界・世代の枠を越えたフィールドで、より沢山の人に楽しさや勇気を伝えるべくフリーランスとして活動中。[Like] レゲエ、物書き、映像編集、写真、Mac。(1973年生まれ。大阪出身、東京在住) ブログ Swingin' Thinkin'

このライターの記事一覧へ

関連する記事

ページトップへ