男性に捧げたい!心のトキメキを与えてくれる恋愛映画3選

特集

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

男性に捧げたい!心のトキメキを与えてくれる恋愛映画3選

男性にだって観てほしい、恋愛映画!

男性なら、よく観る映画はアクションやSFなどが主流ではないだろうか。恋愛映画なんて女性だけが観るもんだ! と思っているのでは? いやいや、そんなことはない。男性こそ恋愛映画を観て、自分の恋だったりと照らし合わせてみてほしい。なんといっても笑えるものや、しんみりするものまでさまざまな恋愛映画がこの世にはあるのだ。次の休日はいつもと違った視線で、普段はトライしない恋愛映画にトライしてみてはいかがだろうか? きっと、心がほっこり健やか気持ちにしてくれるはずだ!

 

編集部がおススメする恋愛映画はこれだ!

数多くある恋愛映画から今回は3つのご紹介。ちょっぴり面白くて、そして、人を愛することの大切さを教えてくれるそんな映画をチョイスしたので、ぜひチェックしてほしい。

 

1.『ラブ・アクチュアリー』

2003年に制作されたロマンティック・コメディー映画。なんといってもヒュー・グラント、キーラ・ナイトレイをはじめとする超豪華キャストが総勢19名も出ていることで話題となった映画なのだ。クリスマスを舞台にさまざまな9つの恋愛模様が繰り広げられる。リチャード・カーティス脚本の映画は、イギリスの三谷幸喜といったところ。登場人物が独特のユーモアがあり、ときに無茶苦茶な経緯をたどりつつも、最後にはちょっとほっとしたり、ちょっと希望が持てたりする映画だ。

【販売元:Amazon】【参照元:YouTube

 

2.『ONCE ダブリンの街角で』

アイルランド発ミュージック・ラブストーリー。2007年サンダンス映画祭観客賞受賞、第80回アカデミー賞主題歌賞ノミネートの『ONCE ダブリンの街角で』は、地元ダブリンの青年とチェコ移民の少女がダブリンの街角で出会い、音楽を介して心を通わせていく物語。歌を通じてお互いの心に一つの愛が交錯していく、ロマンティックラブストーリー。観た後は、なぜか心が温まっている一作だ。

【販売元:Amazon】【参照元:YouTube

 

3.『(500)日のサマー』

2009年に公開されたアメリカの映画。ちょっと風変わりな彼女サマー、そんな彼女に心が惹かれていったトム。純粋に人を好きになるってことが素敵に思える映画だ。恋っていいな〜と本当に思ってしまう。500日間にわたって繰り広げられる二人の恋の行方は…。

【販売元:Amazon】【参照元:YouTube

 

まとめ

恋愛映画を少し観てみたいと思ってきたのではないだろうか? 次の休日は、ゆっくりと恋愛映画を観ながら「恋」することを楽しんでほしい。きっと毎日が楽しくなるはずだ!

【参照元:NAVERまとめ

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

ページトップへ