せつない写真の撮り方をご提案。「Wingmanning」を見習ってみよう。

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

せつない写真の撮り方をご提案。「Wingmanning」を見習ってみよう。

win5

たまたま写り込んでいた、ラブラブカップルとの写真の切なさと言ったら…

写真を撮ったのだが、キスをしているカップルがたまたま背景に写り込んでしまって、恋人のいない自分にとってはなんとも苦い写真になってしまった…。というような経験はないだろうか。筆者はある。最初は笑えるのだが、だんだんとものすごく悲しい気分になる。

世の中には、たまたまではなくわざとキスしているカップルと写真を撮るという強者がいた。Wingmanningだ。

 

「Wingmanning」の写真の一部を紹介

写真を撮るときのコツは?

  • ・カップルの前・横・うしろに立つ
  • ・キスをしている瞬間を狙う
  • ・無表情

上記のことが見受けられる。実際の写真をみればどんなものか一瞬で理解するであろう。

 

バーにて。横のラブラブなカップルとの差がハンパない

win

 

外でイチャイチャしているカップルの横で

win4

 

熱いカップルの横でもこの表情

win2

 

ビリヤード場でも

win3 

 

外でキスしているカップルを背景に

win5

 

表情は、ない

win6

 

ポーズも、とらない

win7

 

目は、うつろ

win8

 

うらやましくなんか、ない

win9

 

もう、表情が、切ない…

いかがだっただろうか。Wingmanningがどんなもんなのか、一瞬で分かったかと思う。何というか、「恋人がいない人の悪ふざけ」というか「思い出に残りそう」な、そんな感じだ。

次の休み、どこかへ遊びに行った際にはわざとカップルの横で写真を撮るのもありかもしれない。狩人のようにタイミングを狙おう。

 

Wingingmanの公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ