あなたはいつ死ぬ?死へのカウントダウンを持ち歩けるようになりました

生活

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

あなたはいつ死ぬ?死へのカウントダウンを持ち歩けるようになりました

2016080902

「あなたの余命は1年です」と言われたら、どうしますか?

「今までと変わりのない生活をするよ」
「訪れたことのない場所に行きたいな。エベレストとか」
「家族や好きな人へ、今まで以上に感謝の気持ちを表すわ」

もちろん人はそれぞれですので、多種多様な答えがあると思います。私たちの人生には期限があり、いつの日か終わり=死を迎えます(それは明日かもしれません)。「まったく、悲しいことだ!」と思っているのでは? ですが、「死」は「人生」そのものではありませんよね。そんな人生をより良いものにしてほしい! として開発されたのが、死までの時間をカウントダウンする「Tikker」です。

 

死へのカウントダウンを持ち歩ける:Tikker

ゴールが見えているから、それまでの時間をどう使うか明確に設定できるのではないでしょうか。

年齢、体重、病歴、アレルギー、喫煙・お酒・運動の有無、家族歴などによってあなたの「死ぬ時」を計算します。あと何年、何ヶ月、何日、そしてあと何秒までを表示してくれる優れものです。

 

例えばあなたが怒り狂っている時…

「Tikker! 後どれくらいなの?!」

「32年4カ月12日20分と33秒です」

 

感情のままに怒るか…

 dd335499078d6bcedf9adf469e15e173_large

怒りを管理するか…

「残り時間」を明確にされたら、あなたはどちらを選ぶでしょうか。多くの人が「怒るのは時間の無駄だ。怒りをコントロールしてみよう」となるのでは? 

 

TIKKER -Make every second count-

 

ほしい? いらない? あなたはどっち

私個人としては、明日死ぬかもしれないのでこのような時計はいらないと考えています。ですが、例えばどうしようもないくらいだらだらと過ごしてしまう休日などにこの時計があったら、もっとシャキッ! とするのだろうな、その時はほしいな、とも思いました。

あなたは、どっち…?

 

【参照元:ecouterre/KICKSTARTER

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ