これがアニメ・映画の祖先!見ると懐かしい気持ちになるフェナキストスコープの世界

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

これがアニメ・映画の祖先!見ると懐かしい気持ちになるフェナキストスコープの世界

phenakistoscope-2

アニメーションの原型であるフェナキストスコープをご存じでしょうか。

絵が動いて見えるようになったのは、今から100年以上も前の1831年のことです。初期のアニメーション機器として「フェナキストスコープ」というものが開発されました。それだけ長い歴史をもつアニメーションの原点に返ってみましょう。ということで、今回はそんなフェナキストスコープの映像をまとめてみました。

 

フェナキストスコープとは?

回転のぞき絵(ゾートロープ)に先駆けて登場した初期のアニメーション機器。1831年、ベルギーのジョゼフ・プラトーとオーストリアの Simon von Stampfer がほぼ同時に発明した。

一般的なフェナキストスコープは、軸に垂直に取り付けられた回転する円板である。円板にはアニメーションのコマに相当する絵が順に描かれており、コマとコマの間にスリットがある。この円板を回転させ、絵を鏡に映し、動くスリットから透かして見る。残像現象を利用し、スリットを通すことでブレがなくなり、絵が動いているように見えるのである。

(参照元:Wikipedia

要するに、回転する円盤に絵を描いて回したら絵が動いて見える、ってことですね。

 

それでは、フェナキストスコープをご覧ください。

tumblr_mq96r5W3Gb1r9jbwno1_500 tumblr_mqta6fNNHr1r9jbwno1_500 tumblr_mr6c5hCEjG1r9jbwno1_500 tumblr_mrcplcnsSa1r9jbwno1_500 

(via The Richard Balzer Collection) 

 

 

tumblr_miqywlImJG1qbcporo2_500 tumblr_miqywlImJG1qbcporo1_500

(via JUXTAPOZ) 

 

phenakistoscope-4

phenakistoscope-7phenakistoscope-1phenakistoscope-2phenakistoscope-3phenakistoscope-6

(via COLOSSAL) 

 

いや、発明した人はすごい

回転させれば動くのでは? という発想を生んだ、フェナキストスコープの開発者であるジョゼフ・プラトーさんはすごいですね…。彼によって映画やアニメーションが進化したということですよね。それにしても、フェナキストスコープのGIFを見ていますと、目がぐるぐるしてきます…。酔わないように、時間を決めて、部屋を明るくして画面から離れて見ましょうね!

 

【参照元:The Richard Balzer Collection/COLOSSAL

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ