発展途上国の問題が1つ解決?重力で光る照明「グラビティ・ライト」

生活

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

発展途上国の問題が1つ解決?重力で光る照明「グラビティ・ライト」

GravityLight

ライトといえば、普通は電池などの電力を利用し発光します。

電力がない環境が多い発展途上国などでは、ケロシンランプといわれる灯油を利用した利用しています。しかし、このケロシンランプ、すすを吸い込んでしまうと体に悪影響が生じてしまうためどの家庭にも電力を利用した明かりを灯したいのですが、太陽光発電の活用は多大なコストが家計を圧迫してしまいます。

そこで考えられたのが、重力を利用した発電機、GravityLightです。

 

重力で光を。 GravityLight

GravityLight

プロジェクトを手がけたのはThe Deciwatt teamの方々。コンピューターの開発や設計に携わってきたデザイナー集団です。

GravityLight

デザインからすべて開発しています。

GravityLight

ライトに重りをつけ、重りが落ちてゆく30分間の間、ライトが点灯する仕組み。重さは約9kgまで耐えられるそう。器具などの交換も一切不要。

GravityLight

 

GravityLightの紹介動画はこちら

 

世界に優しい光を。

プロジェクトは、すでに支援サイト「Indiegogo」で資金調達目標に達することができ、より多くの資金調達ができれば、より効率のよいライトの開発が行えるそうです。

世界中の子供たちの明るい笑顔のように、電気のない発展途上国でも明るい光を届けたいですね。

 

【参照元:deciwatt / YouTube 】

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ