世界で一枚!音楽エンタメの極めつけダブプレート。エンタメウスの曲完成!

トレンド

 

北野 啓太郎

世界で一枚!音楽エンタメの極めつけダブプレート。エンタメウスの曲完成!

エンタメウスのオリジナル曲を作ってもらいました!

エンタメウスの楽しい魅力がギュギュギュ!
世界でここでしか聞けないオリジナルREGGAEソングができました。 

<エンタメウス・ダブプレート>
J-REXXX「エンタメウスはほっとけないぜ!」
スタジオエンジニア:DIZZY(SUNSET the Platinum Sound)
カメラ・映像編集:KEITARO KITANO

 

めちゃくちゃ面白い『ダブ・プレート』!

<オリジナル曲>
J-REXXX「ほっといてくれ」
レーベル:DIGITAL NINJA RECORDS

こんにちは。エンタメウス・ライターの北野 啓太郎(@KeiataroKitano)です。

レゲエには、ダブプレート(Dub Plate)という、めちゃくちゃ面白い文化があります!元の曲の歌詞を変えて、自分たちのオリジナル・ソングに作り替えてもらうんです。もちろん歌うのは、元のアーティスト本人。

今回は、J-REXXXの「ほっといてくれ」を、「エンタメウスはほっとけないぜ!」というダブプレートにしてもらいました。

超贅沢な音楽エンタメです!

 

【手順1】まずは、スタジオ訪問。

サンセット・ザ・プラチナム・サウンド

今回は、東京・三軒茶屋にある「SUNSET the Platinum Sound」さんの音楽スタジオへお邪魔しました。SUNSETは、今年で活動16年を迎える大ベテランREGGAEサウンド。

写真は、左から…

  1. DIZZY @Platinumdizzy(SUNSET /  MC, Engineer)
  2. KILLA BAM BAM @_killabambam(SUNSET / BOSS, Selector)
  3. J-REXXX @J_REXXX1986(レゲエ・アーティスト)

今日はお世話になります!

 

【手順2】曲と歌詞の打ち合わせ。

ジェイレックス

  1. 何の曲のダブプレートを録るか(選曲)。
  2. どんなダブプレートにしたいか(エンタメウスを説明)。

以上の情報をもとに、J-REXXXがサクサクっと、20分程度でエンタメウス・ダブプレート用の歌詞を作ってくれました。

曲の原型留めないほどにアレンジ。天才です!

 

【手順3】録音。

J-REXXX ダブプレート(ボイシングルーム)

スタジオのボイシングルームへ。1,2度、出来立てのリリック(歌詞)を歌いながら微調整。その後、本録り。

 

【手順4】ミックスダウン。そして完成!

ディジー(サンセット)MIXDOWN

録音した音を、Macで編集し、ミックスダウン(仕上げ)。
DIZZY(SUNSET the Platinum Sound)による、手慣れた素早い音さばきで、あっと言う間に完成しました!

 

【インタビュー】ダブプレートの魅力とは?

DIZZY & J-REXXX インタビュー 

  1. この曲について教えてください。

俺(J-REXXX)の「ほっといてくれ」という曲を、「エンタメウスはほっとけないぜ!」という曲に変えました。エンタメウスだけのための曲。スペシャルですね!

 

  1. 世界に一曲だけ、ダブプレート文化について。

レゲエのサウンドが他に負けないように、「俺たちにしか掛けれない曲」として作るのが、本来のダブプレートですね。それが近年、結婚式用だとか、野球やボクシングなどスポーツ選手の入場曲として、発展した使われ方もされています。ですが、ウェブサイト用(エンタメウス)というのは、これまでなかなか無いですね!

 

  1. ダブ・プレートはレゲエ独特のカルチャー?

そうだね。レゲエ特有の文化です。

 

  1. レゲエだったら、誰の曲でもOKなんですか?

取れないアーティストもいるよ。だから、より価値があるんです。

 

  1. 世界に1枚!価格はやはり高いんですか?

手の届かない金額じゃないですよ。アーティストによってまちまちだけど、法外な事は言う人は居ないと思うな。

 

  1. 歌詞だけでなく、リズムを変える事もできるんですか?

例えば、「自分で録音してきた、このリズムに合わせて歌ってほしい」なんてリクエストも全然OKですよ!(笑) ダブの文化は、無限の可能性を秘めてるんです。

 

SUNSET the Platinum Sound インフォメーション

SUNSET 16周年記念イベント(川崎 Citta')12月7日開催

1997年結成、東京を拠点に全国を盛り上げるレゲエ・サウンド・システム。Killa Bam BamとDizzyの絶妙なコンビネーションは幅広い層に定評があり、数十人〜数万人までの現場を盛り上げる。

音楽レーベル「Platinum Entertainment」の運営にもチカラを注ぎ、若手アーティストの育成も積極的に行う。日本のレゲエシーンのさらなる向上に向けて日夜活動中!

2013年12月7日(土)SUNSET the Platinum Sound 16周年アニバーサリー [Club Citta' / 神奈川県川崎市] 

詳しくは、ウェブサイト、Twitter(@PLATINUM_SUNSET)、Facebook(SunsetThePlatinumSound)まで。

 

J-REXXX インフォメーション

改造人間 J - J-REXXX

アンダーグラウンドから勝ち上がって来た、現場叩き上げのレゲエ・アーティスト。2011年、横浜レゲエ祭出場をかけた「ROAD TO 横浜レゲエ」で圧倒的な勢いで優勝を勝ち取った。

そして昨年6月には、SUNSETとのタッグで制作したアルバム「改造人間 "J"」をシーンに投下。来年2014年1月には、新たなアルバムがリリースされる(今回の「ほっといてくれ」など収録予定)。

 

まとめ。

既にある曲を、自分用の曲にカスタマイズして1枚のレコードに仕上げるのがダブプレート(近年はレコードプレスしないで音源データとして使用するのが主流)。「オレも自分のテーマソングを作るぜ!」なんて方は、SUNSETに相談してみてはいかが? 満足度120%の楽しすぎる音楽エンタメです!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

北野 啓太郎

ライター、エディター。音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在、業界・世代の枠を越えたフィールドで、より沢山の人に楽しさや勇気を伝えるべくフリーランスとして活動中。[Like] レゲエ、物書き、映像編集、写真、Mac。(1973年生まれ。大阪出身、東京在住) ブログ Swingin' Thinkin'

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ