母親から赤ちゃんを盗む!?海外で賛否両論のドッキリプロモーションまとめ

まとめ

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

母親から赤ちゃんを盗む!?海外で賛否両論のドッキリプロモーションまとめ

scare5

突然、家に侵入された泥棒に襲われたら…? もしくは、あなたの大切な赤ちゃんを誘拐されてしまったら、あなたは一体どうなるでしょう? さらに、それが本当は嘘だったら…? 何が何だかさっぱり分からなくなりますよね。後に残るのは、襲われた時の「恐怖」と「困惑」だけだと思います。そこで、そんな感情に注目した企業が最近増えてきているのだとか。

 

「愛」よりも強い感情、それは「恐怖」

scare

入念に下準備をし、時には俳優やエキストラを雇い、一般の人にいささか本格的すぎるドッキリを仕掛けます。もちろん、ドッキリを仕掛けられる人はまさか自分がターゲットになるとは思っていないので、現実に起こっているものと錯覚するでしょう。そして、そこで植え付けられるのが「恐怖」です。

なぜ「恐怖」を広告へ使うのか…それは、忘れられないものとなるからです。企業にとって製品を覚えてもらうことは、顧客を獲得する上での重要なポイントです。実は、人間の感情の中で一番強いのは「愛」ではなく、「恐怖」。そこに注目し、「恐怖」という感情を植え付けるような広告が増えてきたのだとか。

 

例えば…

scare

 突然家に侵入してきた泥棒に、若いカップルが襲われます。

 

scare2

無理やり連れて来られたキッチンで待ち受けていたのは…

 

scare3

ビールを持った、楽しそうな人々! 実はこれ、ビールの広告のためだけに仕掛けられたドッキリだったのです。

 

scare5

カップルもビールを渡されますが…表情は凍ったまま。 

 

他にもこんな例が…

scare6

道で男性に話しかけられ、気を取られているスキに…

 

scare7

なんと、大切な赤ちゃんを誘拐されてしまいました。

 

scare8

泣きながら周りの人に助けを求めるも、誰も反応してくれません。そこへ警備員がやってきて助けを求めますが…。

 

scare10

「大丈夫。これがあればね」と言って見せられるベビーグッズ。女性はさらに混乱します。

 

scare11

すると、周りの人が拍手をしながら彼女を囲み、赤ちゃんも無事もどってきました。

 

scare12

赤ちゃんはベビーグッズを渡されますが…お母さんはひきつったまま。

 

このように、人々の「恐怖」を使用して、記憶に商品を焼き付けるという戦略が、海外ではだんだんと目立つようになってきました。でもこれって、ちょっとやりすぎじゃない…?! 賛否両論に分かれそうですが…、あなたはどう思いましたか?

あなたも近い将来に、広告として怖い体験をさせられるかも…?!

 

動画はコチラ


賛否両論というかこれ日本だったら圧倒的に否が多いような・・

参照:YouTube

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ