ギネス記録に登録!世界最長!大木を1本使った彫刻の精密すぎる職人技が衝撃的

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

ギネス記録に登録!世界最長!大木を1本使った彫刻の精密すぎる職人技が衝撃的

1

遠い昔に作られた絵や彫刻を見ると、今でもハッとするような美しさがあります。しかし後継者不足などが原因で、様々な伝統や職人技がどんどん失われていっているということは昔からよく叫ばれてきました。しかしこの作品を見る限り、まだまだ現代にも技術者は残っているんだということを証明してくれました!

 

とんでも長い!精密すぎる彫刻

4

見学している人が小さく見えるほど大きな1本の木に彫られた彫刻は、世界最長の木造彫刻ということでギネス認定を受けました。全長12.286メートル、高さ3.075メートル、幅2.401メートルの作品です。作成したのは鄭春暉(郑春辉)さん。作成期間は4年だということです。建物から、樹木、山、川、船、橋、雲、そして500人以上の人が掘られています。テーマは1000年前の中国の絵画"清朝祭”だということです。

 

よく見ると家の中にも人がいますね!

2

 

波のうねりも細かく表現されています

3

 

まるで今にも動き出しそう!

5

 

全体図がこちら!これは4年かかりますね…。

1

 

素晴らしいとしか言いようがない!

これぞ職人技! といった作品でしたね。一つ一つ全ての部品が完璧に作り上げられていました。ネットからもたくさんの賞賛の声が送られているようです! 実物を前にしたら何時間も観察していられそうですね!

【参照元:mail Online

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ