中国の大規模な空港のデザインが未来を行きすぎてる…!

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

中国の大規模な空港のデザインが未来を行きすぎてる…!

114

これが空港!? 未来を感じさせる型新ターミナルビル!

中国の広東省にある深セン宝安国際空港の飛行機型の新ターミナルビルが近未来的で超かっこいいです!深セン宝安国際空港は中国で5番目に利用客、発着数が多い空港です。スポット数は羽田空港と変わらない規模あります。

制作したのは、建築家のMassimiliano Fuksas(マッシミリアーノ・フクサス)さん。東京にある「アルマーニ銀座タワー」を手がけた建築家です。

 

デザインイメージは海の生き物、マンタだそうです。

14

 

開放感が半端じゃない!

10

 

開放感を損なわないため、柱はすべて円形になっています。

6

 

4

 

木をかたどったオブジェはなんと全て通気口!

9

 

風が流れているような屋根の形状になっています。

17

 

商業施設部分は3層になっています。

1

 

5

 

2

 

乗客数が多いので、手荷物受取所も巨大!

3

 

待合室は落ち着いた雰囲気です。

7

 

チェックインエリア!床がぴかぴか反射しています!

8 

 

11

 

12

 

その他施設です。

16

 

13

 

19

 

未来型空港はすごかった!

建物全体の屋根が丸く穴が空いているので、空港内のどこにいても明るい外光を感じることができます。近未来的なデザイン且つ中国の広大さを感じる景色もあり、是非訪れてみたい空港ですね!

【参照元:designboom

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ