校庭が大きなキャンバスに!掃除のおじさんが雪の積もった校庭に絵を描いた!

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

校庭が大きなキャンバスに!掃除のおじさんが雪の積もった校庭に絵を描いた!

ゆーきーやこんこん、あられやこんこん♪

みなさんお元気ですか? 冬の寒さにやられてはいませんか? 私はもうすでに風邪に二度ほどやられてしまいました。布団はきちんと被らねばなりませんね…。

この冬は東京にも激しく雪が降りましたが、雪が積もれば投げたり丸めたり、色々な遊び方があって楽しいですよね。 なんと雪は絵を描いて遊ぶことも出来るらしいですよ。

雪に絵を描くとは一体どういうことなんでしょう? この写真を見てください。

 

1

これはロシアのイジェフスク学校の校庭です。これを描いたのは掃除のおじさんのブハーリンさんです。ブハーリンさんはスコップなどを使って校庭の雪で絵を描きます。雪の上を歩いた人の足跡などが雰囲気を醸し出していて、とても味のある面白い作品になっています。

ブハーリンさんは毎年雪に絵を描いているそうで、生徒には大人気なんだとか! こんな面白い掃除のおじさんがいたら、毎年冬が楽しみになりますね。 素敵だ…。

 

9

 

4

 

1

 

こちらが掃除のおじさん、ブハーリンさん。 

8

 

6

 

5

 

2

 

素敵な掃除のおじさんです。

自然のキャンバスに全身を使って絵を描くって面白そうですよね。この絵は校舎から見えるみたいで、子どもたちも雪の日にはいつも楽しみにしているんだそうです。ちょっと寒くて気分が落ち込んでいても、これを見たら皆元気になります!

【参照元:ENGLISH RUSSIA

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ