【世界の映画祭で多数受賞】風が強すぎるだけのアニメのシュール度がパネェ!

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【世界の映画祭で多数受賞】風が強すぎるだけのアニメのシュール度がパネェ!

0.675000339354487-64

大学生が作った意味不明シュールアニメ

ピューピューと左側から吹き付ける風がただ吹き続けるアニメ「WIND」。このアニメの中では重力に風が勝っているので、ものをこぼしても空中に真横に流れますし、帽子は何度かぶり直しても飛んでいきます。

ただでさえ意味がわからないアニメなのに、意外な結末になっていて、頭がこんがらがっちゃいます! でもなぜか面白くて段々と笑いがこみ上げてきちゃいます…。

 

実は賞を多数受賞している作品なんです!

2

この意味不明なだけに見えるアニメ、実はクロアチア・韓国・マケドニアなどを含む世界各国の今年の映画祭で多数の賞を受賞を果たしているんです!

このアニメを作成したのはドイツのハンブルク大学応用化学科のRobert Loebelさん。2012年に卒業記念として作成したそうです。

「どうしようもなく強い風という天候の中でも、住民は住めるように学び順応します。順応することは自然な生き方なのです」とのこと。まあ確かに、アニメの中の人は皆見事に強風に馴染んでいますけども…。

 

順応した結果の彼らの行動をちょっぴり見てみましょう

4

赤ちゃんはロープでくくりつけて凧のごとくあげて、あやします。赤ちゃんは大喜び! ときどき帽子が飛んできて赤ちゃんにぶつかります。

 

5

帽子が飛ばされるので、帽子にフィットする形に頭が進化しています。もう一人出てくる帽子をかぶった人は、かばんの中に帽子のストックをたくさん持っていました。帽子をかぶるなら、対策はこの2つということですかね。

 

1

散髪はハサミを垂直に入れるだけ。無造作にはさみでチョキンっとするだけで、髪が何処かへ飛んで行くので掃除の手間が省けます。

 

2

卓球は風が球を返してくれるので相手が必要ありません。もはや競技としてのルールが変わっていますね…。

 

ではアニメ本編を御覧下さい

音量はあってもなくても大丈夫! 3分30秒ちょっとの短いアニメです。

・・・・意外な結末をどう思いましたか? 地上では住めないから地下に住んでいるんだーと思っていたら、そうではありませんでしたね!  実際に強風ばかりが吹く毎日になったら人はこうなってしまうのでしょうか? ちょっと誰かに教えたくなる、シュールで面白い短編アニメでした!

 

【参照元:MY MODERN MET

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ