世界中で大ヒットの映画『ゼロ・グラビティ』の凄さをまとめてみた

特集

 

し なんしなん

世界中で大ヒットの映画『ゼロ・グラビティ』の凄さをまとめてみた

おはこんばちは。映画コメンテーターしなんです。

とんでもなく素晴らしい映画が公開されました。『ゼロ・グラビティ』です。映画をあまり観ない方や、DVDでいいやーなんて方にもぜひ! これだけは! 映画館で! 観ていただきたいです。そんな『ゼロ・グラビティ』がどれほどすごい映画なのか、これから綴っていこうと思います。どうか戻るボタンを押さないでください。笑

 

ざっとストーリーをまとめると、、

主人公の女性が宇宙で船外作業をしていたところ、事故に遭い、宇宙に一人放り投げだされてしまいます。酸素も残りわずかな中、どう生き残るかを描いた映画です。(ざっとすぎるかもしれませんが、ストーリー展開はこのままです。この生き残るための「描き」が本当に見事なのです。)

ゼログラ広告

(実はこの映画、ほとんどサンドラ・ブロックによる一人芝居です!)

 

映画館で無重力体験!驚異の3D映像!!

最近よく「3D苦手なんだよねー」という声を耳にしますが、この映画だけは3Dで観てください。私はこの映画をDVDではなく映画館で3Dで観れたことにすごく感動しています。宇宙を舞台にした映画で、本当にここまで現実的に(リアリティに)描かれている映画は他にありません。無重力空間を完璧に再現してあります。無重力の世界を映画館で体験できる映像力なのです。期待して大丈夫。(映画がお好きな方はIMAXが搭載された映画館でぜひ観てください。)

ぜろぐら撮る

 

全米有力映画批評サイトで評価ほぼ満点!!

辛口な映画批評で有名な「Rotten tomatoes」という全米有力映画サイトで評価97%という異例な支持率を叩き出したそうです。私が崇拝している映画評論家の方々、映画関係者の方々も大絶賛の嵐です。期待して大丈夫。

宇宙体験

 

世界中で大ヒット中!興行収入第1位!!

世界43ヶ国で興収1位を叩き出し、世界興収4億ドルを突破中! 中々ないことです!日本では公開されたばかりなので、耳にされてない方も多いかもしれませんが、世界中で大ヒットしています!期待して大丈夫。

ゼログラ地球

 

注意!鑑賞中に息をすることを忘れないで!

あまりの映像の迫力と、主人公の葛藤に、思わず息が止まってしまいます。私は、エンドロールで息を整えてしまいました。そしてこの映画を観た多くの方々が「思わず息を飲み込む」と言っています。観終わったあと、「地球に酸素があってよかったー!」と思ってしまうほどです。期待して大丈夫。(←そろそろしつこいw)

 

感動しすぎて、帰りの電車でも涙。。。

これは私事なのですが、映画の最中にもボロボロ泣き、感動しすぎて帰りの電車の中でも、思い出しては涙がポロポロ止まりませんでした。主人公の葛藤から映し出された人間の弱さと強さ生と死の極み生きることの素晴らしさ、とても普遍的で誰もが自分と重ね合わせることができると思います。映像がヤバい!と言われている作品ではありますが、ストーリーから映し出された映像がすごいのです。期待して大丈夫。(←いい加減w)

さんどら

 

期待して大丈夫。きっと期待を超えます!!

私自身、かなりいい評判ばかり聞いていたので、すごい期待して観てしまったのですが、それを遥かに上回りました。「期待しすぎたせいか、微妙だった〜」なんてことはありません! (逆に微妙でしたらどのあたりが微妙だったのか教えていただきたいくらいです)Twitterで『ゼロ・グラビティ』でよく検索して、色んな方々の感想を読んでいるのですが、今のところ評価の悪いつぶやきを目にしてません!

この映画の「こういったところが魅力!」という風な記事を書きたかったのですが、全てが魅力的すぎて、とにかくすごいとしか言いようがなかったため、魅力ではなく、どれほどすごいのかを記事にすることしかできませんでした。

私は2013年に上映された映画を映画館で40本以上観てきましたが、しなん的2013映画ランキングで『ゼロ・グラビティ』が堂々の1位になりました。私の映画史に、人生に残る「体験」となりました。その「体験」をぜひみなさんにも味わっていただきたいのです。この映像によるストーリーを生きている間に観れたことに感謝しています。そしてこの主人公の葛藤とそれを乗り越える「力」がみなさんに生きる「力」を与えてくれる作品だと思います。

予告編はこちらになります。

 

画像引用元 「ゼロ・グラビティ」公式Facebook

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

関連する記事

ページトップへ