一寸先の天国。ロシアの「雲の上の十字架」が神秘的すぎて昇天しそう…

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

一寸先の天国。ロシアの「雲の上の十字架」が神秘的すぎて昇天しそう…

Ai-Petri

昇天するためにありそうなぐらい

この一寸先はマジ天国な十字架が設置されているのは、ロシアのクリミア半島にあるアイ・ペトリ(Ai-petri)山です。

十字架が設置されている崖までの交通手段は2つの橋しかなく、その橋も手作り感が溢れまくっています。そのため現地を訪れた人は「もはや肝試しだった…」と話しているそうです。高さはおよそ1200mあります。

実はこれ、渡った先の岩場もとても危ない雰囲気を漂わせていますが、手前側の岩場も相当やばいんだそうです…。

クリミア半島は断崖絶壁になっているところが多いので、崖の上に協会が建っていたりお城が建っていたりします。なので、この風景は現地の人にとってはあまり珍しくないそうです。

 

渡りきった人から昇天していきそうな勢い

Ai-Petri

 

Ai-Petri

 

Ai-Petri

 

Ai-Petri

 

Ai-Petri

 

Ai-Petri

 

Ai-Petri

 

吊橋の安全性が保たれてないように見えるのは気のせいでしょうか・・・・

 

【参照元:Остров Крым

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ