すべては輝かしい週末を迎えるために!平日の過ごし方を、曜日ごとに提案

特集

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

すべては輝かしい週末を迎えるために!平日の過ごし方を、曜日ごとに提案

「週末」。ああ、なんと甘美な響きでしょう。5日間頑張るともらえる、2日間のご褒美です。会社員時代は、つらいことがあると「週末まであと何日!」というカウントダウンで乗り切っていた気がします。

 

でも、それほど恋い焦がれたはずの2日も始まってしまうとあっという間です。遅めの時間に起きて、掃除や洗濯などの後回しにしていたことを少し消化するだけで終わってしまい、日曜日の夕方になんともいえず切ない気持ちになったこと、ありませんか? 

 

週末を輝かせるために大切なのは、実は、平日の過ごし方。今回はそのアイデアを曜日ごとにご紹介します。

 

月曜日

平日初日です。休日とのギャップでブルーになりがちなので、張り切りすぎないことが大切。できれば午前中のアポは避け、笹舟を小川に浮かべるような気持ちで優しく1日を始めます。

 

火曜日

週の真ん中「水曜日」を楽しみに過ごします。忙しさから家の中が雑然としていたら、30分でも良いので、身の回りを簡単に片づけるようにしましょう。それだけで週末の家事の負担が減りますよ。

 

水曜日

ついに折り返し地点。ここで少し無理をしてでも仕事を片づけたり、勉強会に参加したりして頑張っておきましょう。週末に仕事を持ちこさないこと、平日を充実させることが目的です。

 

木曜日

「明日は金曜日!」、仕事でストレスを感じたら、心の中でそう唱えて乗り切ります。週末はどこに行こう、何をしよう、とイメージを膨らませて楽しい気持ちを高めます。

 

金曜日

週末のプランに応じて、レイトショーを楽しむ、友人たちと食事に行くなど、自由な時間を楽しみましょう。ちょっと羽目をはずしても平気な、すてきな1日です。

 

まとめ

こうして平日に助走をつけることで、週末が輝きやすくなるものです。

最後にもう1つだけ、ポイントが。

 

人と会う、出掛けることだけが充実した週末ではありません。「ひたすらのんびりする」「家を出ない」でもOK。自分が本当にしたいことをして過ごしましょう。どんな予定でも、立てた通りに過ごせれば満足感は高いもの。ノープランで始めたのに、どこにも行かなかったと自分を責めるのは不毛です。一番したいことをして、日曜の夜は満足感を胸に眠りにつきましょう。

 

それでは、みなさま、良い週末を!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ