【時計が一瞬止まって見えるアレ】意外にも名前をもってる現象たち

生活

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【時計が一瞬止まって見えるアレ】意外にも名前をもってる現象たち

ええ、あの現象に名前なんてあったの!?

一度知ったら二度と忘れられない、意外過ぎる現象の名前たちのご紹介です。 忘れられなさすぎて、何かのたびにふと思い出してしまうこと必須ですのでご了承ください。 

 

パリ症候群

パリに憧れて旅行に出かけた人が、事前にイメージしたほどパリは素晴らしいものではないことを知って、落ち込んでしまう状態のこと。

Wikipedia

 

クロノスタシス

デジタル時計がぞろ目になった瞬間、時間が少しだけ長く感じる錯覚。アナログ時計で秒針の進み方が、ある一秒だけ長くなっているように感じるのも同じ。

Wikipedia

 

ベイカーベイカーパラドクス

ある人の名前がどうしても思い出せないのに、その人にまつわる他の周辺情報については詳しいことまで思い出せる、非常にもどかしい状態。

Wikipedia

 

マクドナルド理論

「ランチどこ行く?」と仲間内で悩んでいるときに、「マクドナルド行こう」という言うと、途端に全員が代案を次々出すようになるというもの。

「想定される最低の選択肢」を提示することで、議論を活発化できる。

Twitter

 

シバリング

寒い時に口がガタガタ震えたり、小便をした後で体がぶるっとふるえたりすること。体を反射的に動かすことで、体温が下がらないようにしている。

Wikipedia

 

カクテルパーティ効果

大勢の人が雑談している中でも、自分に関する話題だけはちゃんと耳に入ってくること。

Wikipedia

 

青木まり子現象

本屋や図書館にいると便意を催す現象。

Wikipedia

 

TOT現象(舌先現象)

喉元まで出かかっているのに、あと一歩で思い出せない状態をあらわす、心理学用語。

Wikipedia

 

獲得的セルフ・ハンディキャッピング

テスト直前に限って部屋の大掃除を始めてしまうことに代表される、困難を前にしてあえて全力を出さない心理。

Wikipedia

 

カリギュラ効果

禁止されればされるだけ、むしろやってみたくなる心理。

Wikipedia

 

ツァイガルニク効果

完成したものやうまくいったものよりも未完のものやうまくいかなかったものの方が記憶に残り易いこと。

Wikipedia

 

つるふさの法則

ロシアの最高権力者の頭は「つるつる」と「ふさふさ」が交互に繰り返されているという。

Wikipedia

 

ポップル錯視(文字列傾斜錯視)

特定の文字列を繰り返すと、画面が傾いて感じられる錯視。

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

Wikipedia

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

ページトップへ