「私って何なんだろう?」世界一醜いと呼ばれた女性が見つけた自分の価値とは

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

「私って何なんだろう?」世界一醜いと呼ばれた女性が見つけた自分の価値とは

リジー・ベラスケスさんは新生児早老症様症候群という早老症様顔貌・皮下脂肪組織の減少などが特徴の非常に珍しい病気を患っています。同じような病だとアシュリー・ヘギさんは日本でも大きな話題となりましたね。 

リジーさんは病が原因で辛い経験を何度もしてきました。でも「自分自身を決めるのは他人ではなく、自分自身であるということを」と言います。

そんな彼女の生き方に感動したので、皆さまにご紹介させて頂きます。

この記事はSmile Shine! 輝きと共にさま、アカデミー学院さまを参考にさせて頂きました。ありがとうございました! 

 

産まれた時の体重はわずか950g

Lizzie Velasquez

テキサス州サンアントニオ市で生まれて、4週間の早産でした。母親のリタさん(45歳)はデイリーメール紙に語っています。

「医師たちは、この子がどうやって生き延びるか想像もつかなかったと言いました。ベビー用品の服は大きすぎて、おもちゃ屋に行って人形の服を買わなければなりませんでした」

医師はリタさんと夫のルーペさんに警告しました。

「あなたがたのこの一番上のお嬢さんは一生歩いたり、話したりすることはできないでしょう。ましてや普通の生活など送ることはできません」と。(彼女のふたりの弟妹は同じ症状を患うことはありませんでした)

ところがなんと、彼女は成長したのです。身体は本当にとても小さいのですが、内臓も脳も骨も普通に成長しました。

 

リジーさんが行動したきっかけ

幼稚園に入園したリジーさんは他の子どもから怖がられたり、嫌われたりしました。でも両親は障害者や病人としてではなく、普通の子どもとして彼女を育てました。

リジーさんは自分は普通に振る舞うのですが、周りの反応はやはり普通とは違いました。

 

もう少し育ったある日、自分の顔が「世界で一番醜い女性」としてインターネットに投稿されてしまった。そして、そこにはものすごい数のコメントが書き込まれ、Lizzieを苦しめた。

「頼むから頭に銃を当てて、死んでくれ!」

この苦しみがLizzieをトコトン考えさせた。

「私って何なんだろう?」

そしてLizzieは気づいた。自分自身を決めるのは他人ではなく、自分自身であるということを。

 

リジーさんは4つの目標を立てました

  1. モチベーションスピーカーになる
  2. 本を出版する
  3. 大学を卒業する
  4. 家族と仕事を持つ

 

モチベーションスピーカーとなって数年、リジーさんは200回以上もセミナーを開き、「自分のユニークさをありのまま受け入れる」、「いかにいじめに対処するか」、「試練を乗り越える方法」などのテーマで話をしています。

リジーさんは冒頭から辛い体験談をユーモアたっぷりに話し、聴く人を引きつけます。他人にひどい態度を取られたら、右側に立ってもらうようにする(右目を失明しているため、右側は見えないそうです)とか、ダイエット食品会社ウェイト・ウォッチャーズやスポーツジムのイメージキャラクターになりたいと言って聴衆を笑わせます。

私は本当に困難な人生を送ってきました。でも、それでもいいのです」、「自分の外見ではなく、目指す目標や成功、成果によって自分の価値を決めるつもりですから」とリジーさんは語ります。

 

How Do YOU Define Yourself Lizzie Velasquez at TEDxAustinWomen

※字幕付きの動画がないので、YouTubeの自動字幕機能をオンにしてご覧ください。  

リジー・ベラスケスさんのインスタグラムはこちらです。

 

【参照元:Smile Shine! 輝きと共にアカデミー学院HUFF POST

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ