離婚の条件は「最後の1ヶ月は毎日私を抱きかかえること」妻の最後の願いに思わず涙

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

離婚の条件は「最後の1ヶ月は毎日私を抱きかかえること」妻の最後の願いに思わず涙

今にも離婚してしまいそうな夫婦。妻は夫に、彼女を毎日抱き上げるように求めました。文章はSnopes.comさんのものを和訳させていただきました。拙劣な文章ですが、最後まで読んでいただけると幸いです。

※3/14追記:エンタメウス読者の方から「引用文が途切れている」とのご指摘を頂き、修正いたしました。ありがとうございます!  また、誤字を修正いたしました。

 

離婚の条件は「最後の1ヶ月は毎日私を抱きかかえること」

When I got home that night as my wife served dinner, I held her hand and said, I've got something to tell you. She sat down and ate quietly. Again I observed the hurt in her eyes.

その晩、家に帰ると妻が夕食の準備をしていた。私は彼女の手を握り「伝えたいことがあるんだ」と言った。彼女は何も言わずイスに座り、そして静かに食べ始めた。苦痛そうな眼差しをしていた。

 

Suddenly I didn't know how to open my mouth. But I had to let her know what I was thinking. I want a divorce. I raised the topic calmly.

She didn't seem to be annoyed by my words, instead she asked me softly, why?

突然、僕はどうやって口を開ければいいのか分からなくなった。でも、僕の考えを伝えなければ。

「離婚したい。」

僕は落ち着いて口にした。彼女は僕の言葉に特に反応もせず、ただそっと「なぜ?」と尋ねてきた。

 

I avoided her question. This made her angry. She threw away the chopsticks and shouted at me, you are not a man! That night, we didn't talk to each other. She was weeping. I knew she wanted to find out what had happened to our marriage. But I could hardly give her a satisfactory answer; she had lost my heart to Jane. I didn't love her anymore. I just pitied her!

僕は彼女の質問に反応しなかった。それにより彼女は怒った。箸を投げ、叫んできた。「あなたは男じゃない!」

その晩、僕らは喋らなかった。彼女は泣いていた。もちろん、彼女は僕らの結婚に何が起こったのかを知りたがっていた。でも僕は彼女に満足のいく答えを与えられない…。

ただ、僕は新しい恋人のジェーンしかもう見えないんだ。だからもう妻のことを愛していない。妻には、哀れんでいるだけだ…。

 

With a deep sense of guilt, I drafted a divorce agreement which stated that she could own our house, our car, and 30% stake of my company.

深い罪悪感に包まれながら、離婚の同意書にサインをした。彼女に家と車、そして私の会社の株を30%渡すことにした。

 

She glanced at it and then tore it into pieces. The woman who had spent ten years of her life with me had become a stranger. I felt sorry for her wasted time, resources and energy but I could not take back what I had said for I loved Jane so dearly. Finally she cried loudly in front of me, which was what I had expected to see. To me her cry was actually a kind of release. The idea of divorce which had obsessed me for several weeks seemed to be firmer and clearer now.

だが、彼女はそれをチラリと見ただけでビリビリに破いてしまった。10年間一緒の人生を歩んできた彼女は、僕にとってもはや「他人」となっていた。彼女に、無駄な時間と資源、労力を過ごさせてしまい申し訳なく思ったが、僕の心はもうジェーンを愛してしまっている。

彼女は僕の前で、大声で泣いた。それは、僕が見たかったものだ。「泣く」ということは一種の「解放」だと僕は思っている。ここ数週間、僕の頭から離れなかった「離婚」という考えが、やっと今明確になったような気がした。

 

The next day, I came back home very late and found her writing something at the table. I didn't have supper but went straight to sleep and fell asleep very fast because I was tired after an eventful day with Jane.

When I woke up, she was still there at the table writing. I just did not care so I turned over and was asleep again.

次の日、僕はとても遅い時間に帰宅した。妻はテーブルで何かを書いていた。その日僕はジェーンと一緒に過ごし、クタクタに疲れていたため、夜食もとらずにすぐに寝た。

僕が起床しても、彼女はまだテーブルで何かを書いていた。気にならなかったし、僕はくるりとターンしてもう布団に戻った。

 

In the morning she presented her divorce conditions: she didn't want anything from me, but needed a month's notice before the divorce. She requested that in that one month we both struggle to live as normal a life as possible. Her reasons were simple: our son had his exams in a month's time and she didn't want to disrupt him with our broken marriage.

朝になって、彼女は「離婚の条件」を言ってきた。

「何も欲しくはないけれど、ただ離婚まで1ヶ月間ちょうだい。そしてその1ヶ月はできるだけ普段通りの生活をしてほしいの」

彼女の理由はシンプルだった。息子が1ヶ月後に試験を控えているのだ。彼女の願いは、僕らの離婚で彼を混乱させたくなかった、ということによるのである。

 

This was agreeable to me. But she had something more, she asked me to recall how I had carried her into our bridal room on our wedding day.

She requested that every day for the month's duration I carry her out of our bedroom to the front door ever morning. I thought she was going crazy. Just to make our last days together bearable I accepted her odd request.

これには賛成だった。でも、彼女はそれ以外にもう一つだけ条件があった。「結婚式の日に、花嫁の部屋に抱き上げて運んでくれたことを思い出してほしい」というものだった。

最後の1ヶ月間は、毎日ベッドルームから玄関まで抱き上げて運んでほしい。そう言う彼女に、僕は彼女が狂い始めたのかと思ったよ。一緒に過ごす最後の日々に耐えられるよう、僕は彼女のリクエストをのんだ。

 

I told Jane about my wife's divorce conditions. She laughed loudly and thought it was absurd. No matter what tricks she applies, she has to face the divorce, she said scornfully.

妻の「離婚の条件」をジェーンに話した。彼女は大声で笑い、まったく意味のないことね、と言った。妻がどんなことをしたところで、離婚をしなきゃいけないのに。軽蔑するようにジェーンは言った。

 

My wife and I hadn't had any body contact since my divorce intention was explicitly expressed. So when I carried her out on the first day, we both appeared clumsy. Our son clapped behind us, daddy is holding mommy in his arms. His words brought me a sense of pain. From the bedroom to the sitting room, then to the door, I walked over ten meters with her in my arms. She closed her eyes and said softly; don't tell our son about the divorce. I nodded, feeling somewhat upset. I put her down outside the door. She went to wait for the bus to work. I drove alone to the office.

僕が離婚の意思を伝えるまで、僕らの間にはボディコンタクトが一切なかった。だから、初日に彼女を運んだとき僕らはお互いぎこちなかった。息子は僕らの後ろで拍手をしながら言った。「パパがママを抱きかかえてる!」 その言葉は、僕に痛みをもたらした。

ベッドルームからリビング、そしてドアまでの10メートル以上を歩いた。彼女は目を閉じ、「離婚のことは、息子には伝えないで」と静かに述べてきた。僕はうなずき、そしてなぜか少し動揺していた。

僕は彼女をドアの外まで運んだ。彼女は仕事に行くためのバスへ乗りに行った。僕は1人で会社まで車を走らせた。

 

On the second day, both of us acted much more easily. She leaned on my chest. I could smell the fragrance of her blouse. I realized that I hadn't looked at this woman carefully for a long time. I realized she was not young any more. There were fine wrinkles on her face, her hair was graying! Our marriage had taken its toll on her. For a minute I wondered what I had done to her.

2日目は、僕らお互い少し慣れていた。彼女は僕の胸にそっと寄りかかり、そして僕は彼女のブラウスから漂ってくる香りを感じた。この女性のことを、もうずっと見ていなかったんだなぁ。

彼女がもう若くないことに気付いた。顔には小じわがあり、髪には白髪まで! 僕はこれまで、一体なにを彼女にしてあげられただろうか…。

 

On the fourth day, when I lifted her up, I felt a sense of intimacy returning. This was the woman who had given ten years of her life to me.

On the fifth and sixth day, I realized that our sense of intimacy was growing again. I didn't tell Jane about this. It became easier to carry her as the month slipped by. Perhaps the everyday workout made me stronger.

4日目。彼女を持ち上げたとき、僕は彼女に対する親近感が戻ってきた気がした。

彼女こそが、僕が10年間一緒に過ごしてきた女性だ。

5日目と6日目。親近感がより強く強くなってきたと実感した。ジェーンにはこれを伝えなかった。日が経つにつれ、彼女を運ぶのに慣れてきた。もしかしたら、毎朝こうして運んでいるから筋力がついたのかもしれない。

 

She was choosing what to wear one morning. She tried on quite a few dresses but could not find a suitable one. Then she sighed, all my dresses have grown bigger. I suddenly realized that she had grown so thin, that was the reason why I could carry her more easily.

ある朝、妻は服を選んでいた。たくさんの服を試してみたが、ちょうどいい大きさのものを見つけられなかったようだ。「ああ、私の服、ぜんぶ大きくなちゃった」

突然、彼女がやせ細ってしまったことに気がついた。だから彼女をカンタンに運べたのか!

 

Suddenly it hit me... she had buried so much pain and bitterness in her heart. Subconsciously I reached out and touched her head.

猛烈に苦しくなった…。彼女は痛みと苦みを彼女の心に押し込めていたのだ。無意識のうちに私は手を伸ばし、彼女の頭に触れていた。

 

Our son came in at the moment and said, Dad, it's time to carry mom out. To him, seeing his father carrying his mother out had become an essential part of his life. My wife gestured to our son to come closer and hugged him tightly. I turned my face away because I was afraid I might change my mind at this last minute. I then held her in my arms, walking from the bedroom, through the sitting room, to the hallway. Her hand surrounded my neck softly and naturally. I held her body tightly; it was just like our wedding day.

But her much lighter weight made me sad. 

息子がちょうど来て、「パパ、ママを運ぶ時間だよ」と言った。彼にとって、彼の父親が母親を運ぶことが、彼の人生の重要な一部分になっていたのだ。

妻は息子に近寄りギュッと抱きしめた。最後の瞬間に気が変わってしまうのではないか、そう恐れた僕は目をそらした。

彼女を抱き上げ、いつもどおりベッドルームからリビング、そして玄関まで運んだ。彼女の腕がやさしく、そして自然に僕の首を囲んでいた。僕は彼女をしっかりと抱きしめた。まるで、結婚式の日のように…。

だが、軽くなってしまった彼女に、僕は悲しくなった。

 

On the last day, when I held her in my arms I could hardly move a step. Our son had gone to school. I held her tightly and said, I hadn't noticed that our life lacked intimacy.

最後の朝、彼女を抱きかかえるとき、僕は上手く足を動かせなかった。すでに息子は学校へ行っていた。僕は彼女をきつく抱きしめ、述べた。「僕らの結婚生活には、こうした親密さが欠けていたね…」

 

I drove to office.... jumped out of the car swiftly without locking the door. I was afraid any delay would make me change my mind...I walked upstairs. Jane opened the door and I said to her, Sorry, Jane, I do not want the divorce anymore.

会社へ車を運転した。到着し、車のロックもせずに飛び出した。少しでも遅れたら僕の気が変わってしまいそうな気がして。

ドアを開けてくれたジェーン。

「ジェーン、すまない。もう離婚したくないんだ」

 

She looked at me, astonished, and then touched my forehead. Do you have a fever? She said. I moved her hand off my head. Sorry, Jane, I said, I won't divorce. My marriage life was boring probably because she and I didn't value the details of our lives, not because we didn't love each other anymore. Now I realize that since I carried her into my home on our wedding day I am supposed to hold her until death do us apart.

彼女は驚き、私を見て、そして私の額に触れた。「熱でもあるの?」そういった彼女の手を頭からどけた。

「ごめん、ジェーン。僕は離婚しない、と言ったんだ。僕らの結婚生活は退屈だったが、それはきっと僕と彼女の両方が、日々の小さな幸せの大切さを分かっていなかったからなんだ。お互い、もう愛していないわけじゃなかった。結婚式の日に彼女を抱きかかえ運んだように、死がふたりを分かつまで、僕は彼女を抱きしめるべきなんだ」

 

Jane seemed to suddenly wake up. She gave me a loud slap and then slammed the door and burst into tears. I walked downstairs and drove away.

彼女は突然目を覚ましたように見えた。僕にものすごいビンタをし、ドアをバタンと閉め泣き出した。僕は階下へ行き車で去った。

 

At the floral shop on the way, I ordered a bouquet of flowers for my wife. The salesgirl asked me what to write on the card. I smiled and wrote, I'll carry you out every morning until death do us apart.

道中、花屋で妻のために花束を注文した。カードに何を書くかと尋ねてきた店員の少女に、僕は微笑んで言った。

「死がふたりを分かつまで、僕は毎朝あなたを抱きかかえます」

 

That evening I arrived home, flowers in my hands, a smile on my face, I run up stairs, only to find my wife in the bed - dead. My wife had been fighting CANCER for months and I was so busy with Jane to even notice.

She knew that she would die soon and she wanted to save me from the whatever negative reaction from our son, in case we push thru with the divorce — at least, in the eyes of our son — I'm a loving husband...

その日の夕方、僕は花束を抱えながら家についた。笑顔のままで階段を駆け上り、そしてベッドに横たわる妻を見つけた。

―――死んでいた。

僕の妻は「ガン」を患っていた。僕がジェーンとうつつを抜かしていた数ヶ月、彼女が病気と戦っていたことに気づきもしなかった。

自分がもうすぐ死ぬということを知っていた彼女は、息子の目に「妻を愛する夫」として映るように振舞っていてくれたのだ。全ては、僕を助けるために。

 

The small details of your lives are what really matter in a relationship. It is not the mansion, the car, property, the money in the bank. These create an environment conducive for happiness but cannot give happiness in themselves. So find time to be your spouse's friend and do those little things for each other that build intimacy. Do have a real happy marriage!

日々のほんの些細な幸せが、一番大事なんだ。マンションや、車や、財産や、銀行にあるお金が大事なんじゃない。

それらは「幸せになるために環境」を作る「助け」になるかもしれないけれど、「幸せそのもの」にはならない。幸せは、自分自身で作るんだ。

だから、あなたは配偶者や友人らと過ごす時間を大切にしてくれ。ほんの僅かなことでいい。相手を大切にしていると、伝えるんだ。信頼関係を、築くんだ

そして、幸せな結婚生活を過ごしてほしい。

 

couple

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

彼氏の鼻毛どうしますか-先日、彼氏と食事をしているとき、彼氏の鼻毛を発見...-Yahoo知恵袋1

Yahoo!知恵袋で見つけたおもしろ質問・回答まとめ【恋愛編】

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ