「全て楽しかったわ」乳癌と宣告された女性を撮った最期の数ヶ月間

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

「全て楽しかったわ」乳癌と宣告された女性を撮った最期の数ヶ月間

乳がん

アメリカに住んでいた妻のジェニファーはある日、医者から乳癌と宣告されます。その日から、夫のアンジェロは「ジェニファーとの最期の数ヶ月間」を写真に収めることにしました。以下はジェニファーが癌を宣告された夜での会話。

ジェニファーの身体から癌が発見された夜、僕たちは家族や友人たちと過ごした。

寝る前、僕はジェニファーに聞いたんだ。

「今日一日、何が楽しかった?」

そしたらジェニファーは数十秒考えて、僕の瞳を深く見つめてから答えた。

 

「全て楽しかったわ」

1

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10

 

11

 

12

 

13

 

14

 

15

 

16

 

17

 

18

 

19

 

20

 

21

 

22

 

ジャニファーの人生最後の数ヶ月間、僕たちはその日が最高の日でも、最悪の日でも、寝る前にお互いを求めた。

最高の日とは、

「あなたが私を見て微笑んだとき」

「あなたが私の手を握ったとき」

 

【参照元:The Battle We Didn't ChooseTHE LOVE YOU SHARE

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

ページトップへ