【精巧すぎた】インテルが作った楽器がピタゴラスイッチ以上に計算し尽くされていた

海外

 

エンタメウス編集部エンタメウス編集部

【精巧すぎた】インテルが作った楽器がピタゴラスイッチ以上に計算し尽くされていた

スクリーンショット 2014-04-14 21.06.02

無数のボールがこんな音色を奏でるなんて…!

このマシーンは、インテルが自分たちの「製品の精巧さ」を実証するためだけに作った楽器だ。楽器にゴムボールを正確に当てることで音が鳴るという簡単な仕組みだ。今回は2300個ものゴムボールが使われ、何重にも音が重なり、曲が演奏された。それにしても、なんともユニークな見た目なんだろうか…。肝心の演奏はゲームのBGMに使われてそうな曲に仕上がっており、作業用BGMなどにももってこいかもしれない。 

 

 

参照元:Chonday

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

エンタメウス編集部

エンタメウス編集部

世界中のWEBメディアを見続ける編集部が、主に海外や日本で話題になっているエンターテイメントを通したニュースを取り上げて皆様にお届けします。世界中のエンタメ話題は、我々が牛耳る!

このライターの記事一覧へ

関連する記事

カテゴリーランキング

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ