運河から東京の名所を眺める!「神田川の日本橋一周クルーズ」

トレンド

 

NARIZONARIZO

運河から東京の名所を眺める!「神田川の日本橋一周クルーズ」

飛び石だらけだった今年のゴールデンウイーク。旅行には行かず、近場で何か面白いことが無いかと呑んだくれていたNARIZOの目に飛び込んできたのが、今回ご紹介する「神田川の日本橋一周クルーズ」だった。

※文字通り、船で東京下町の運河を廻る90分間の小旅行。

 

出発地点は、お江戸の日本橋

13

船着場があると聞いてやってきたのが、コレド日本橋などのオープンで賑わう日本橋。

 

15

「こんな場所にあったっけ?」と、橋を見下ろしたところにあった。日ごろは全然気付かないで通り過ぎてたけど、こんなところに船着場があるとは…!

 

朝なのに当日のクルーズチケットが瞬く間に売れる!

14

橋の隅っこには、すでに黒山の人だかりが!! 朝からクルーズの当日券を販売しているので予約不要。しかも、瞬く間に売れていく

勝手にマニアックな趣味だと思っていたが、かなりの人気だ。10時頃に行って、何とか14:30発の「神田川、日本橋一周クルーズ」のチケットをゲットした。

 

日本橋をくぐり抜けるスタート地点から大興奮

01

船に乗り込むと神田川船の会のガイドさんが軽妙な脱力トークで面白おかしく運河の旅をナビゲートしてくれる。さながら下町のジャングルクルーズ。

ここからは360度パノラマの全天球写真が撮れるTHETAで撮った写真を交えてご紹介しよう。

 

t01

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

船が動き始めてすぐに、いつもとは違う角度から見る日本橋をくぐる。テンションが上がるな。

 

t02

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

続いては、ときわ橋。震災で崩れた部分を改修中で、運河めぐりの船でも通るのは結構ギリギリな感じ。

 

12

狭い水路の中で、ジェットスキーの集団に遭遇することも! 

『北斗の拳』の世界を想い出し、冒険心にも火がつく。愛で空が落ちてきそうな感じだが、別に襲撃されたりはしないのでご安心を。

 

 くるくると景色が変わる神田川

t03

 画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

船が神田川へと合流すると東京ドームが見えてくる。駅名にもなっている水道橋は意外と普通の橋だった。

橋から川を眺めてる人は、こっちに向かって手を振るか、写真撮るかをしてくる。自意識過剰じゃないよ…。ホントにそうなんだから…。

 

07

水道橋からお茶の水にかけての運河は、両脇が崖になっているので非常に美しいスポット。

かなりの難工事エリアだったということで、徳川幕府は有力大名だった仙台藩の力を削ぐために、ここの工事を伊達家に命じたそうだ。伊達堀なんて異名があるらしい…。

 

t04

 画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

川と平行して列車が走るのは、御茶ノ水駅付近。石造りのアーチ型の聖橋を抜けたところ。

本音を言うと、この辺りは橋の上から川を眺めた方が景色はいいよね。 そして万世橋のある秋葉原へ。

 

t05

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

右側の旧万世橋駅は、いまや再開発され「mAAch(マーチ) ecute(エキュート) 神田万世橋」という商業施設に生まれ変わっている。

 

t06

 

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

 浅草橋の辺りからは、屋形船の停泊地。そしてこの先は隅田川がある。

 

隅田川からは、スカイツリーも拝めちゃう!

t07

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

いよいよ船は隅田川へ。ここから川を下るのだが、運河と違って小船だとかなり揺れを感じる。

そして伝わるかなぁ? 清洲橋のあたりではスカイツリーも拝めるのだ。

 

t08

  画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

 

11

わざわざ船をゆっくり旋回させて、スカイツリーの撮影チャンスをくれる船長。無口な背中だけど、いい仕事をする…! 

そして船は再び日本橋川へ。

 

t09

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

水門を川から眺めるなんていうのも、こういう機会でしかないかも。

 

t10

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。

そして、帰って来たぞ。

 

t11

画像をクリックすると360度パノラマ写真のリンクに飛びます。 

今の日本橋川はどれだけの道路が走っているか、運河を進んでいくとよく分かる。

 

都会の真ん中で90分間の小旅行

さて、360度グリグリ動かせる写真で、少しは運河の魅力が伝わったかな?

今回は思い付きで乗ることにした「運河めぐり」だが、東京生まれ東京育ちのNARIZOでも初めて知る東京の一面を発見できた気がする。観光で東京に遊びに来た人はもちろん、東京に永く住んでいる皆さんにも、ぜひとも体験してほしい好企画だった!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンタメウス

最新の記事をFacebookでお届けします

この記事を書いたライター 他のライターを見る

NARIZO

NARIZO

遊びと美味しい酒のために仕事をする、しがない企画屋。 エンタテインメント業界からIT業界までを渡り歩き、身体には熱いアルコール濃度の血がたぎる。 バーテンダーたちからは、「食べているときだけ大人しい人」と呼ばれる酔狂侍。 最大の弱点は雨の日と月曜日。 twitter

このライターの記事一覧へ

関連する記事

シェアランキング

トピック

IMPRESSION

ページトップへ